市販で買える睡眠薬と不眠対策 睡眠改善薬の通販

スポンサーリンク

市販 買える 睡眠薬

現在、市販されている睡眠薬は10種類以上あります。
ですが、これらの市販睡眠薬は、正確には睡眠改善薬というものになります。

では、睡眠薬と睡眠改善薬の違いについて少し説明しましょう。

 

病院の睡眠薬は、現在ベンゾジアゼピン系睡眠薬がほとんです。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬には、セロトニンやドーパミンといった覚醒物質を抑え、
興奮を抑制する働きがあります。

不眠症の状態は、神経を興奮させる交感神経が優位の状態あり、
それを司るのがセロトニンやドーパミンだと言われています。
これらを抑えることで、副交感神経が優位となり、リラックス状態となります。

誤解されている方も多いのですが、
睡眠薬による睡眠状態は、別に強制的に眠らせるイメージではありません。
というか、自然な睡眠のプロセスなんです。

 

市販の睡眠改善薬は、抗ヒスタミン剤により眠気を誘うものです。
抗ヒスタミン剤とは、風邪薬や花粉症の薬にも含まれる成分で、
ヒスタミンがヒスタミン受容体と結合することで起こるアレルギー反応を抑制するために
ヒスタミンより先に、抗ヒスタミンとヒスタミン受容体が結びつけてしまうことで
改善を図るしくみです。(風邪薬を服用して眠くなるのはそのため)

ヒスタミンは受容体と結合することで覚醒状態を維持していますので、
その結合を抑制することは、維持を妨げ、いわば非覚醒状態に移行していきます。
つまり眠りやすくなるということです。

睡眠薬と睡眠改善薬の成分は異なりますが、
睡眠を誘うために、覚醒を抑制(興奮を抑えリラックス状態)するとい意味では、
同じ方向性のものだと言えるでしょう。

 

先に「市販の睡眠薬は10種類以上あります。」と書きましたが、
実は、数ある睡眠改善薬も、その成分と容量はほとんど同じなんです。
ぶっちゃけ、どれを使ってても大差ありません。

市販の睡眠改善薬に使われる抗ヒスタミン剤は、
全て『ジフェンヒドラミン塩酸塩』という成分によるものです。
そして、1回量あたり50mgが最大とされています。

睡眠改善薬に含まれる添加材には多少バラツキはありますが、
睡眠薬としての効果に差はありません。

あえて言うなら、
1回量あたりのジフェンヒドラミン塩酸塩の成分量が25mgに抑えられた
ものをあると言うぐらいでしょうか。

 

市販の睡眠改善薬を表にしてみましたのでご参考ください。
※成分量とはジフェンヒドラミン塩酸塩の1回量(分)あたりの成分量です。

商品名 商品画像 製造販売元 成分量(㎎)
ドリエル エスエス製薬 50
ネオディ 大正製薬 50
マイレストS サトウ製薬 50
フストール オール薬品工業株式会社 50
カローミン 大昭製薬株式会社 50
プロリズム 大洋薬品工業株式会社 50
スリーピン 薬王製薬株式会社 50
ハイヤスミンA 福地製薬株式会社 50
ノイロンムーンS オール薬品工業株式会社 50
ドリーミオ 資生堂薬品株式会社 50
グ・スリーP 第一三共ヘルスケア 50
ウット 伊丹製薬 25

※商品名または画像のクリックで各ページへ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 8月 11日

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る