ボジョレーヌーボー2015年 解禁日はいつ?何故その日なの?

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボ2015年はいつから解禁されるの?なんでその解禁日なの?

毎年、ある時期になると
「ボジョレーヌーボー解禁!」というニュースが流れますよね。

ボジョレーヌーボは、その年収穫したばかりのブドウから作られる
フレッシュなワインです。

その年収穫したブドウでつくる、というのがポイントですね。
寝かせていないのでフレッシュな味わいが楽しめる・・・

毎年、ボジョレーの味わいを楽しみにしている
ボジョレーヌーボファンがたくさんいるんです。

 

でも、毎年言われている「解禁日」ってなんなんでしょう?

ボジョレー・ヌーボー 2015年の解禁日はいつ

解禁ということは、それ以前は飲んではいけないということ
なんでしょうか??

解禁日の理由は謎ですよね^^;

 

今日はそんなボジョレーヌーボの解禁日の秘密を調べてみました!

そして2015年の解禁日も!

今年はボジョレーヌーボを飲んで見ようかな~なんて考えている方、
ぜひ事前情報として知識を入れといてくださいね。

 


スポンサーリンク

 

ボジョレーヌーボ2015年の解禁日

実は、ボジョレーヌーボの解禁日は毎年決まっています。
解禁日は毎年11月の第三木曜日。

2015年の解禁日は11月19日(木)です。

2015年のボジョレー解禁日は11月19日

 

ちなみに、ボージョレーヌーボには赤と白があり、
どちらの解禁日も同じです。

ボジョレーはいわゆる「新酒」ですから、
どちらもスッキリとした味わいが人気のワインです。

 

ボジョレーヌーボと言えば赤ワイン!というイメージがありますが
白ワインもあるんですね。

数は少ない白ですが、それだけに貴重です。
私も味わってみたいんですよね、白のボジョレー♪(*^_^*)

 

 

ボジョレーヌーボの解禁日って何故その日なの?

現在、ボジョレーヌーボの解禁日は
毎年11月の第三木曜日と決まっています。

しかし、なんでこの日になったんでしょうか?

それはボジョレーヌーボの故郷である
フランスボジョレー地区のブドウ収穫日に秘密があります。

ボジョレー解禁日の由来・歴史

 

収穫~醸造、そしてワインとして出来上がるのに、
ボジョレー地区では、11月の第三週ぐらいでした。

さらに11月11日が「サン・マルタンの日」だったことから

(*^_^*)「縁起がいいからこの日を解禁日にしよう!」

最初の解禁日は11月11日のサン・マルタンの日

と決められたのです。

つまり、最初は11月11日だった、ということですね。

 

しかし、「サン・マルタンの日」だった11月11日は
のちに『無名戦士の日』に変更されてしまい・・・^^;

11月11日から1番ちかい、
別の聖人の日「サン・タルベール」の日である11月15日に変更されます。

この時までは毎年解禁日は固定だったんですね。

日本人の感覚からいうと「毎年固定の日の方がいいんじゃないの?」
と思ってしまいますが、そこはお国柄がでます。

 

ところが、、

フランスは日曜日はほとんどの酒屋やレストランがお休みなので、
『11月15日が日曜日になった年は売れ行きに大きな影響が出てしまう・・・』

11月15日の解禁日が11月の第3木曜日に変更された訳

 

そこでフランス政府が指定したのが「11月の第三木曜日」
だったというわけです^^;

11月11日⇒11月15日⇒11月の第三木曜日

↑こうして調べてみると、ちょっと複雑なんですね( ̄ω ̄;)

 

 

ボジョレー・ヌーボー2015の人気銘柄は?

ご存知のようにワインは天候に大きく作用するお酒で、
ウィンテージワインの優劣なんかも、その生まれ年が評価されますよね。

近いところでは、
2012年は天候不良により史上最悪の不作と言われていましたし、
逆に翌年の2013年は、天候に恵まれ評判の良いボジョレー・ヌーボーが
たくさん市場に出回りました。

『さて、2015年のボジョレー・ヌーボーは如何なものでしょう?』

残念ながら、まだ収穫まで1ヶ月以上あるので、
出来具合、銘柄などの情報はまだ発表されていません^^;

ボジョレー・ヌーボーの解禁日も複雑なんですね

 

ボジョレー・ヌーボーと聞くと、
中にはワインの銘柄と勘違いされるかたもいるかもかもしれませんが…

正しくは、Beaujolais Nouveau
Beaujolaisは産地名、フランスの”ボジョレー地区”をさします
Nouveauはフランス語で”新しい”という意味です

つまり、ボジョレー・ヌーボーというのは、
その年に収穫したブドウをその年に仕込んだ(醸造された)
ボジョレー地区のワインということになります。

 

ちなみに、収穫は通常9月の初旬に行なわれています。
9月に収穫したブドウが11月にはワインとなって飲めるんですよ^^

ただし、「ボジョレー」と呼ばれるのは、
赤ワインは「ガメ」「ガメイ」という種類のブドウを使ったもの、
白ワインなら「シャルドネ」という種類を使ったものに限られます。

 

また、一口にボジョレー・ヌーボーと言っても
それぞれ品質も生産者も違い、多くの銘柄が生まれてきます。

昨年は日本人生産者(仲田氏)の
ルー・デュモンという銘柄も人気でしたね^^

いちおう、2013年に人気だったボジョレーをご紹介しておきます。

ボジョレー・ヌーボーの人気銘柄

どのボジョレーがいいのかは、・・・正直飲んでみないとわかりません^^;

 

 

ボジョレー・ヌーボーの購入は通販予約が便利♪

ボジョレー・ヌーボーのご購入は、
ご近所の酒店・コンビニなんかでも可能なのですが、
元々数に限りがあるものなので、

人気の銘柄は予約で完売してしまうことも珍しくありませんし、
大切なことでもないで、うっかり忘れて買えない…こともあります。

なので、私は通販の予約販売を利用しています。

大体のところは、解禁日に自宅に届けてくれますし、
送料無料というお店が多く助かっています^^

『今年はいっちょボジョレー・ヌーボーでも飲んでみようかー』という
ボジョレー初心者さんは、ご予約のタイミングも「?」と思いますので、
早い段階で確実に予約できる通販は便利です。

ボジョレー・ヌーボー2015のご予約

 

また、通販でしか入手できないようなレアな?ボジョレーもあります。

例えば、こちら↓

ハローキティーのボジョレー2014は売り切れ必至

ボジョレー・キティー2015のご予約

銘柄といよりブランドなんですが、毎年早い段階で完売する人気ボジョレーです。

ワイン好きの女性なら気にいって貰えるので、
プレゼントとして贈ると喜ばれますよ^^

 

 

 

以上。。

2015年のボジョレーヌーボの解禁日とその秘密などについてでした。
いかがでしたでしょうか?

 

ボジョレーヌーボはその年のワインのできを確かめるための
ワインとも言われています。

なので、当たり年のボジョレーヌーボであっても、
その評判はけっこう割れます^^;

「新酒のスッキリとした味わいを楽しめて美味しい」、
「熟成不足で美味しくない」と言われたりします。

まぁ、どちらも正しい評価だと思います。
私も、基本的には縁起物だと思っていただいています。

 

また、ボジョレーにも長期熟成に向くものがありますので、
当たり年で評判が良い物なら、将来的な楽しみにしておくのもいいです。

一昔前なら、超リッチなお宅にしかなかったワインセラーも
今は1万円程度で手に入ります^^

ワインセラーで長期保存するという手もあります^^

こちらなんか、12本納できる静音タイプのものですが、評判もいいですよ。
11,800円はかなりお値打ちだと思いますが・・・

商品詳細

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る