コロボ(corobo)ならノンオイルで揚げ物がおいしい

スポンサーリンク

コロボでノンオイルの揚げ物

前日、笑っていいとも!内のベッキーさんのコナーで紹介された
コロボ(corobo)

corobo-03

 

正式名はカーボンコンベクションオーブンCKY-19Q/エアーフライヤー/ノンフライヤー
とい言います。
長いので、コロボでいいです(´△`)

 

エアーフライとか、ノンフライヤーってのは
要は油を使わない揚げ物調理器のことです。

油を使いませんから、ヘルシーなのは当然のこと
ちょっとしたダイエット商品とも言えます。

油の汚れ具合を気にする必要もなければ、
その後始末の心配もありません。

コロボは、一応オーブンという位置づけのなので、
エアーフライ(ノンオイルフライ)のできるオーブンということになります。

 

コロボの売りの一つが、カーボンヒーターとコンベクションのダブル加熱です。
カーボンヒーターが遠赤外線で炭火感覚で調理し
コンベクション(熱風対流と循環)がパワフルに加熱します。

一般的なノンフライヤーとの違いは、
210℃という高温と、プロペラによる強制循環にあります。
この二つにより食材をムラなく一気に調理することができます。
旨みが内側にキープされたジュシーな仕上げを実現します。

corobo-02

 

先日のフィリップス製のノンオイルフライヤーと比べ
コロボ(corobo)の方が優れていると感じる点は、

①パワフルでありながら省エネ効果が高いこと
②実用容積が広く、多様性・利便性がよい
③耐熱ガラスの使用で調理具合が確認できる
④洗浄機能が付いている
⑤商品価格が安い(フィリップス製より1万円以上安い)

以上の5つです。

比較表でご紹介した方が分かりやすいですね。

コロボとノンフライヤーの比較表

最安値

 

フィリップスのノンフライヤーも優れもには違いありません。
デザインも洗練されていてオシャレです。

しかし、実用性で選ぶならコロボでしょうね。
15分使用で電気代がわずか6円というのも主婦の方にはありがたいですよね♪

コロボの現在の最安値店はこちらになります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る