Googleアドセンスから警告がキタww ポリシー違反で広告停止

スポンサーリンク

Google Adsense ポリシー違反警告

地震カミナリ火事おやじなんて昔の人は言っていましたが、
現在のネット社会で一番怖いのは間違いなくGoogleですよね。

そんなGoogleから警告をいただいた日には、
頭が一瞬真っ白になりました。

adsense001

 

この警告は正確にはGoogleアドセンスからのもので、
お前さんのGoogleアドセンスの掲載方法に問題があるから
広告を停止したぞ!!

adsense002

って内容でした。
Googleが言うところのポリシー違反に抵触した訳です。

 

幸い?警告を受けたURLがSo-netブログのものだったので
比較的冷静に対応ができました。

「最悪、諦めよう」なんて…
これが独自ドメインで運営中のものだったら、
ハンパなく焦っていたと思います。

 

とは言え、Googleアドセンスの警告があった場合には驚き
できるだけ早く修正して広告再開の再申請をしなければいけません。

広告が表示されないことも当然ですが、

このまま知らん顔をしておくと、
最終的にはGoogle Adsenseのアカウント
停止されてしまいます。

 

 

 

では、自分の事例に基づき、
広告の停止に至った問題点についてお話しします。

 

Googleアドセンスから警告を受けたのは、10月23日でした。

以前は、広告停止前に予告的な案内がきたような記憶があったのですが、
今回事前案内はいただいていません。

Googleアドセンスの管理画面は毎日アクセスしているので、
スグに気がつきましたが、同じ日にメールもきていました。

 

警告を受けたページには、

記事本分下にアドセンス広告を掲載していましたが、
テキスト本文に隣接していたこと
更には、スポンサーリンクの記載がなかったことがポリシー違反だったと
推測できます。

但し、アドセンス広告上にスポンサーリンク、或いはスポンサードリンクを
記載しないこと自体はポリシー違反ではありません。

 

ここでの問題は、広告が紛らわしい表示になっていたことにあります。

adsense003

 

 

ちなみにこのブログは7月にテスト的に開設したもので
40日以上更新がなく、

記事上部にSo-netからのアドセンス広告が表示されていました。

ad05

 

私のケースは違うと思いますが、
無料ブログ側のアドセンス表示された状態が警告の原因だった、
とされていた報告も目にしたことがありますから、

更新の滞ったブログをほかしたままにしない方が良いでしょう。
更新予定がないなら削除するか、
Googleアドセンスの広告は外しておいた方が賢明です。

 

では、実際の修正ポイント手順について次の記事でご紹介します。
こちらからリンクしています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 10月 31日

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る