梅雨時期に起こる頭痛の原因と対策~あなたの頭痛タイプは?~

スポンサーリンク

梅雨時期に起こる頭痛の原因と対策~毎日の生活を見直して頭痛を防ぐ~

暖かくて気持ちいい季節がやってきた~なんて思っていたら、
あっという間に6月。
あの、じめじめした梅雨の季節がやってきます。

梅雨の季節の悩みと言えば、洗濯物の乾きと頭痛!

梅雨時期に起こる頭痛の原因,対策

 

私はいわゆる「頭痛持ち」で、ちょっと疲れると頭痛、
雨の日も頭痛、ストレスがたまると頭痛なので、
梅雨時期になると気分が重いです。

 

しかし、梅雨時期になるとなんで頭痛が起きやすいんでしょう?

頭痛はしなくても雨の日は気分が重い、という人も結構います。
その原因と、頭痛対策を探ってみました。

 


スポンサーリンク

 

梅雨になると頭痛が起こる、その原因は?

梅雨時期になると頭痛が起きる原因は、
「季節の変わり目による気温や気圧の変化」。

気温や気圧が変化すると脳が反応し、
頭痛が起きやすくなる、というのが原因です。

 

これは頭の中の血管の状態が関係していて、
気圧が低くなると血管はどうなるかというと・・・

そうですね~
高い場所に行ったときのことを思い出すとわかりやすいです。

登山するときに袋入りのお菓子(ポテチなど)を持っていくと、
パンパンに膨らんでしまいますよね?

同じ様に、気圧が低くなると血管は膨らみやすくなります。
頭の中の血管が膨らんで神経を圧迫すると、頭痛が起きます。
↑この頭痛のタイプは偏頭痛ですね(後述)

 

また、天気が悪い日は気温が低い時も多く、
そんなときは体温も下がってしまいます。
体温が低くなるということは、体が冷えるということ。

体が冷えると自律神経が乱れやすくなり、
「なんとなくだるい」
「古傷が傷む」

などの体の不調のほか、頭痛を訴える人が増えると言われています。

 

 

頭痛のタイプと対策

頭痛には、3つのタイプがあり、それぞれ原因も対策も異なります。
頭痛の種類は

・緊張型頭痛
・偏頭痛
・群発頭痛

この3つ。
このうち、気温や気圧の変化を受けるのは緊張型頭痛と偏頭痛の二つです。

 

肩こりや目の疲れからくる頭痛は緊張型頭痛がほとんど。
頭痛人口の中で最も多いのもこの頭痛です。

偏頭痛の原因は様々で、肩こりや目の疲れ、睡眠不足・寝すぎ、
特定の食品の摂取(チョコレート・ワインなど)で頭痛が起こります。

私は緊張型頭痛と偏頭痛、両方ともおこるんです・・・

偏頭痛は緊張型とは全く痛み方が違っていて、
2・3日痛みが続いてなにも食べられないことも(涙)

ひどい痛みが来る前に、対策をとっておきましょう。

 

 

2つの頭痛の特徴はこちら↓

緊張型頭痛

・頭全体や首、肩にかけて痛む
・締め付けられているような鈍痛が続く
・市販の鎮痛剤で抑えることができる
・家事や仕事はなんとかできる
・お風呂に入ると症状が楽になる

 

偏頭痛

・頭の片側か両側が痛む
・脈うつような痛み
・動くとひどくなる
・吐き気がすることもある
・なにもできないぐらい痛む
・頭痛がする前に目がちかちかすることもある

これらの特徴を見て、自分の頭痛のタイプを見分けてください。

 

それぞれの対策としては

・毎日寝る前にストレッチをする
・お風呂にゆっくりつかる
・運動をする
・目の疲れをとる(目に蒸しタオルをのせるなど)

などなど。
痛み方の違う二つの頭痛ですが、
対策としては首回りや肩の疲れをとっておく、血管が柔らかい状態を保つ、
というのが重要です。

そして、重要なのがストレスを発散しておくこと!

毎日の疲れを1日ずつしっかりリセットし、
規則正しい生活をしているだけでも頭痛は防げます。
ぜひ、自分の食生活や生活習慣を見直してみてくださいね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る