つらい目の疲れや肩こりの解消法 放置してひどくなる前に!

スポンサーリンク

目の疲れ 肩こり 解消

きちんと寝ているつもりなのに、目の疲れが取れないとか、
疲れ目だけでなく、肩こりがして身体がつらい…
なんて悩みを抱えている方って、多いですよね。

その原因の多くは、テレビやPCだけでなく、スマホやゲームなど、
仕事や勉強中からプライベートの時間まで、
毎日長時間に渡って目を使いすぎて疲れていること だと思います。

でも、そうわかってはいても、ついついスマホを見るのはやめられないですし、
また毎日の必要な仕事や勉強もやめるわけにはいかないから…と、
なかなか上手く目の疲れや、肩こりを解消できないまま、
仕方なく放置してしまっている…という方も多いでしょう。

つらい目の疲れや肩こりの解消法 放置してひどくなる前に!

でも、この目の疲れや肩こりを「仕方ないから」と、そのまま放置していると、
目が霞んだり、吐き気、頭痛、そして一時でなく慢性的な重度の肩こりになってしまったり
今よりもっとひどい症状になってしまう可能性もあるので、
出来れば、そうなる前に、きちんと解消しておきたいところです。

そこで、今回は、そんなひどい症状になる前に試したい、
目の疲れや、それによる肩こりを解消する方法を、色々ご紹介します。

「ああ~目がつらい~」となっている最中にでも気軽に試して、
解消をはかれるような、簡単で誰にでもできることばかりなので、
目の疲れと肩こりに悩む方は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

目の疲れの症状と原因は?

目の疲れが溜まっていくと、やがて、
目の奥が痛くなる、目の周りの皮膚が痙攣する、目がしょぼしょぼする、
ピントが合いづらくなる…などの目の症状や、
肩こりや片頭痛、全身の倦怠感、吐き気、など全身の症状に繋がっていきます。

そんな怖い目の疲れ、原因は何かといいますと、

考えられる原因は色々ありますが、多くの場合は
冒頭にも書いたように、パソコンやテレビ、ゲーム、スマホなどを見続けることによる、
目の使い過ぎによる、眼精疲労です。

これは、PCやスマホなどの画面を、長時間同じ姿勢で見るために、
目の機能がフリーズしてしまい、それが目の疲れに繋がっているんですね。

パソコンやテレビ、ゲーム、スマホなどを見続けることによる目の使い過ぎによる眼精疲労です。

眼球の中には、「毛様体筋」という筋肉があり、
これによって水晶体の厚さを調整してピントを合わせているのですが、
PC画面やスマホなどの近くのものを見続けると、この毛様体筋に負担がかかります。
また、近くのものを見続けると、筋肉が固まって緊張した状態になり、
距離の違うものを見た時にピントが合いづらくなり、ぼやけてしまうのです。

また、これらの画面を集中して見続けることで、まばたきを忘れ、ドライアイになり、
これも目の疲れの原因のひとつになります。

人間は通常なら、3秒に1回のまばたきをするのですが、
読書中は6秒に1回、PCを使用しているときは12秒に1回になるといわれています。
まばたきは眼球の表面を涙の膜で覆う役割がありますが、その回数が少ない程
目が乾いていくので、
PCやスマホなどを長時間見れば見る程、ドライアイになっていく、というわけです。

PCやスマホなどを長時間見れば見る程、ドライアイになっていく、というわけです。

あと、目の疲れの原因には、メガネやコンタクトの度が合っておらず、
適切な視力矯正が出来てないことも考えられます。
その場合も、目のピント調節機能が頑張って働こうとして緊張し、眼精疲労になります。

そして、そんな目の疲れが溜まっていくと、やがて肩こりに繋がります。

目を使いすぎて疲れ目になっているときは、上で書いた毛様体筋や、
眼球を動かしている外眼筋の偏った緊張が継続している状態なのですが、
このことが自律神経の働きを乱し、交感神経を優位にさせ、
肩こりの原因となる筋肉の異常緊張を引き起こしてしまいます。
それが更に、ひどくなると、頭痛や吐き気の症状まで出てくる可能性があるんです。

解消されずに蓄積されていくことで、色々怖い症状に繋がっていくわけです。

このように、最初は「目がしょぼしょぼするな~」くらいの、ちょっとした目の疲れでも、
それが解消されずに蓄積されていくことで、色々怖い症状に繋がっていくわけです。
ですので、なるべく目の疲れは溜めこまずに、
意識して、どんどん解消していくことが大切なんですね。

 


スポンサーリンク

 

目の疲れと、それに伴う肩こりを解消する方法

眼精疲労による肩こりの場合は、
まず元々の原因である目の疲れを解消する必要があります。
逆に、肩こりだけ解消しようとしても、
目の疲れたままだと、また肩こり症状が復活します。

そこで、ここでは主に目の疲れを解消する方法を、ご紹介します。

元々の原因である目の疲れを解消する必要があります。

 

目薬を使う

目薬は、いつでもどこでも、一番簡単に、手軽に、目の疲れを解消できる方法です。
ただし、すべての目薬が目の疲れに効くわけではないし、逆効果になる場合もあるので
成分や効能に気を付けて選ぶ必要があります。

たとえば、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリン
などを含む、目の充血に効く目薬は、
血管を縮めて栄養や酸素が目に届かないようになってしまうので、
目の疲れには逆効果です。

目の疲れには、ピント調節機能回復効果がある、ビタミンB12や、
ネオスチグミンメチル硫酸塩が入った目薬や、
目の代謝を高めるタウリンやパンテノールが入った目薬を選びます。

目薬を使う

商品の詳細

ちなみに、目薬の量は大抵、1回1滴が基本で、
沢山させば良いとか、効果があがるわけではありません。
必ず、目薬の説明書などをしっかり読んで、用法・容量を守って使ってくださいね。

 

 

メガネの度を見直し、ブルーライトカットつきのメガネにする

度数の合わないメガネやコンタクトをしていると、目の筋肉が緊張して疲れるので、
それを、きちんと度数の合ったメガネなどに変えて、
適切な視力矯正をすることで、目の疲れが軽減されます。

また、PCを長時間使う人は、ブルーライトカットのメガネで青い光を遮ることにより、
見ているものがよりはっきり見え、その結果目が疲れづらくなりますよ。

PCを長時間使う人はブルーライトカットのメガネで青い光を遮ること

「最近なんだか見えづらくて疲れる…」という方は、
ぜひメガネのレンズ新調や、ブルーライトカット追加を検討してみてくださいね。

ちなみに、ブルーライトカットのメガネは、度なしのものもありますので、
元々メガネをかけていない人でも、PC操作時だけつける、という使い方もできますよ。
おしゃれな伊達メガネ兼、眼精疲労予防、という感じにも使えて、おすすめです。

メガネの度を見直しブルーライトカットつきのメガネにする

オススメのブルーカット眼鏡

 

 

おしぼりやホットアイマスクで目を温める

温めたおしぼりや、ホットアイマスクで、
休憩時間などの5~10分間でいいので、目の周りを温めると、
血行が良くなり、緊張して疲れた目の筋肉をほぐしてくれるので、
目の疲れの解消に効果がありますよ。

また、目元を温めることで、高いリラックス効果が得られ、快眠・安眠できたり、
血行が良くなることで目の下のクマの改善もできますので、
健康や美容にも役立ちます。

おしぼりで行う場合は、水で濡らしたハンドタオルやフェイスを絞って、
電子レンジ(500W)で1~1分半温めるだけで、作れますし、
それが面倒な場合は、市販のホットアイマスクを使うのも簡単で良いと思います。

おしぼりやホットアイマスクで目を温める

商品の詳細

 

 

マッサージで目の疲れを軽減する

マッサージも、目の疲れには効果的といわれており、簡単に出来ておすすめです。

目の周辺や、こめかみあたりには、目の充血や頭痛に効果があるツボもありますし、
このへんを1日数回、5秒程度でいいので、軽く揉みほぐすと良いでしょう。
また、目頭には目の疲れに効果的なツボがあるので、
ここも2~3秒やさしく押すと、疲れが取れますよ。

また、目の周辺以外の、うなじの髪の生え際あたりの窪みにある
「風池(ふうち)」というツボや、
首と肩先の真ん中に位置する「肩井(けんせい)」というツボを刺激するのも、
血液の流れが良くなり、目の疲れが軽減されるのでおすすめです。

マッサージで目の疲れを軽減する

これらのツボを、痛いけど気持ちいい、くらいの強さで、指の腹でゆっくりと押し、
数秒押したら力を抜く、といったリズムで数回繰り返します。
目の周りを押す場合は、眼球を圧迫しないように注意してくださいね。

 

 

普段から疲れ目を軽くする習慣を心がける

目薬やおしぼりで疲れた目を癒すのも効果がありますが、
普段から、目を疲れさせないように、また目の疲れを軽減させるように、
意識して出来ることをやっていくのも大切ですし、効果がありますよ。

たとえば、目の疲れの原因である、
「PC画面などの同じところを見続ける」を、やめること。
PC作業中も、時々視線をPC画面から離して、遠いところを見る、とか
そいういった簡単なことでいいんです。

普段から疲れ目を軽くする習慣を心がける

また、目玉をくるくる回したり、目の筋肉をほぐす運動も、
何処にいても、何をしていても出来ますし、効果があるので、おすすめですよ。

 

 

以上、目の疲れと、そのせいで起こる肩こりの原因や、
疲れ目解消方法のご紹介でした。
目の疲れの解消方法は、ご紹介したものはどれも、簡単に試せるものばかりですので、
ぜひ、やってみて頂きたいと思います。

既に目の疲れだけでなく、肩こりの症状まで出て苦しんでいる方も、
原因である眼精疲労が解消されれば、肩こりも治まってきますので、
「目の疲れだけ解消しても…」なんて思わず、試してみてくださいね。

目が疲れる根本的な原因って、そもそもは目の使い過ぎなので、
それをやめれば治るんですけど、
長時間の仕事や勉強など、休みたくても休めない、必要なことも多いですし
目の酷使がダメだと分かっていても、それを避けることは難しいんですよね。

それでも、解消方法に書いたように、時々遠くを見るとか、目をぐるぐる回すとか、
ちょっとしたことを意識して行うことによって、
日々目を使いながらでも、疲れやダメージから守ることが出来ますので
そういった工夫をしながら、上手にご自身の身体や目を守って頂きたいと思います。

この記事が、そんな避けられない目の疲れや肩こりで辛い思いをしている方の、
つらさの解消に、少しでもお役にたてれば、嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る