pm2.5はマスクで防げる?自分と家族の健康を守るマスクの選び方!

スポンサーリンク

PM2.5対策マスク…

中国からの大気汚染として昨今注目を集めている「pm2.5」。
pm2.5が一体なんなのかはよくわかっていないものの^^;
なんか体に悪そう・・・なので、やっぱり防いでおきたいんです!

でも、pm2.5ってどうやったら防げるのかよくわからないのがホンネ…

花粉用のマスクで防げるのか、
それとも専用のマスクがいるのか、
それともマスクじゃだめなのか?(-_-;)

よくわからないものを防ぐってなかなか大変そう・・・

 

しかし、ちまたには
pm2.5」を防ぐグッズやマスクがたくさんあるっぽいですね。

ふだんマスクを装着しなれない私(not花粉症)も、
pm2.5用のマスクを購入しようかと検討しています。

そこで、この機会にpm2.5対策用マスクについて
色々と調べてみましたので、よければご参考ください。

 


スポンサーリンク

 

pm2.5はマスクで防げるの?その効果は?

pm2.5を防ぐ有効手段として、
ちまたで最も支持されているのは「マスク」です。

しかし、そもそもpm2.5は大気中の小さな粒子のうちでも、
かなり小さな粒子のものを指します。

普通のマスクではとても防げる気がしません( ̄ε ̄;

 

環境省によると、
「医療用や産業用の高性能防塵マスクであったらpm2.5の吸入を防げる」
とあります。

つまり、普通のマスクや花粉症用のマスクでは不十分ということ。

pm2.5を防ぐためには、
「pm2.5対応」と書いてある防御機能の強いマスクを使用する
必要があるということです。

 

しかし、「pm2.5対応」と書いてあればOKというわけではありません。

専門家が市場に出回っているマスクを見た場合、
pm2.5を防げるのは
「N95(米国・NIOSH)」「DS2(日本・厚生労働省)」
の規格に合格したマスク。

pm2.5対応と書いてあっても、
この2つの規格に合格していないものは避けほうが良さげです。

ちなみにN95とDS2の性能はほとんど同じ。

どちらかがすごく優れているというわけではありませんから、
この二つのどちらかだったら大丈夫です。

 

 

pm2.5を防げるマスク

pm2.5を防げるマスクはいろいろありますが、タイプは大きく分けると二つ。

・見た目が防塵用マスクのような、がっちりしたタイプ
・見た目が普通のマスクとあまり変わらないタイプ

この二つです。

 

使い捨てマスクも防護マスクも、1,000円前後の価格帯から手に入ります。

なるべく安価で見た目が普通のマスクっぽいのがいいという方は、
こちらがおすすめ^^

PM2.5対策マスク1

 

N95より更に上のN99規格なので、
0.1ミクロンのウィルスを99%以上カットできるそうです。
正直、意味を全部理解していませんがより有効なPM2.5対策になる
という解釈でOKだと思います。

商品の詳細ページはこちら

女性でも違和感なくつけられる上に、サイズがあるのがうれしいですね!
自分にピッタリのサイズが選べて、使い捨てなのでさらに安心♪
価格も高くないのがGOODです。

 

 

立体的でごついがしっかりした感じのマスクがいい!という方は、
コチラがおすすめ^^

PM2.5対策マスク1

コチラもサイズが選べるうえに、価格も高くありません。
お子様用の「XS」があるのもうれしいですね。

小さなお子様の健康が気になる方は、コチラのマスクが良さそうです。

商品の詳細ページはこちら

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る