ノロウィルスに感染した時の食事は?無理にでも食べた方がいいの??

スポンサーリンク

ノロウィルス感染中の食事

冬になると猛威を振るいだす食中毒ウイルス「ノロウイルス」。
毎年のようにニュースで話題になるため、
名前を知らない人はいないでしょう。

食中毒と言えば暑い時期のほうがイメージがありますが、
ノロウィルスに関しては冬に活発に活動します。

ノロウィルスは本当にやっかいで・・・
何しろ、寒さに強く消毒液にもそこそこ強い、
熱してもなかなか死なず水にも強い・・・

というやっかいなウイルスです。

 

主にプランクトンを含む二枚貝にウイルスが潜んでいますが、
感染が広がると食品製造過程でウイルスが侵入し、
サラダや刺身、ケーキやパンといった、

一見関係のなさそうなものからも感染してしまいます。
ホントにやっかいです・・・(涙)

 


スポンサーリンク

 

ノロウイルス感染中の食事と水分補給

ノロウィルスは特効薬がありません。

病院に行って点滴を受けて脱水症状を防ぐぐらいしかない、
というのが現状です。

基本的には自己回復自然治癒力が頼りです。

でも、嘔吐が激しいので体力の元となる食事が満足に摂れません!
というか、症状が出てる間はほとんど食べれない、という人も多いです。

しかし、ノロウイルスの症状がキツイ時に
無理に固形物を摂ろうとガンバル必要はそこまでありません。
寧ろ、脱水症状を防ぐために水分補給の方が大切です。

 

水分補給としておすすめなのは、
カリスエットやアクエリアスなどの塩分・糖分の入った飲み物。

suibun

これなら嘔吐が激しくても吸収してくれますし、
脱水を防ぐのにももってこい!です。

これらの飲み物を飲む場合は、なるべく多く補給しましょう。

お腹いっぱいいにする必要はありませんが、
脱水にならないよう、のどが渇いたと感じる前に
少しずつ飲んでおくのが大切です。

お子様が感染した場合は少しずつ飲ませてあげましょう。

 

通常、ノロウィルスのように、嘔吐と下痢という症状の場合は
ムリに固形物は食べなくても大丈夫と言われており、
子供にも無理に食べさせないように、と指導する医師もいます。

それよりなにより脱水症状を避けること!
脱水症状が続くと意識が遠のいてしまったり、
けいれんを起こしたりします。

重篤化することもありますから、
とにかく脱水を防げる飲み物を取りましょう。

 

 

最近は飲む点滴と言われている「OS-1」という経口保水液があります。
夏の熱中症対策としてもよく知られるようになりましたね。

これは電解質と糖質の配合バランスがよく、脱水症状を防ぐには最適!

できれば自宅に常備しておくといいと思います。
お子様がいる家庭は特に重宝しますから、
万が一に備え、数本程度は用意しておきましょう。

 

os-1

OS−1ドリンクタイプ詳細

OS−1ゼリータイプ詳細

 

 

ノロウイルスに感染した時の食事まとめ

・ポカリスエットやアクエリアスなどの飲み物を取る
・無理に固形物を口にしない!
・脱水を避けることをなによりも第一に心掛ける
・できればOS-1のような経口保水液を摂取する
space
以上のことを守り、重篤化しないように心掛けましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料一括見積もりで最大55%OFF!!

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る