ノロウィルスのこわい症状とその対処法 『知らないと結構キツイかも…』

スポンサーリンク

ノロウィルス症状 治療と期間

寒くなると必ずと言っていいほど話題に上がるノロウイルス・・・
こんなに話題になってうれしくないものもありませんが^^;、
寒くなると活動が活発になり、
ほぼ毎年と言っていいほどニュースの1項目になってます。

 

ノロウイルスにかかったことのない人は、
「ノロウイルスのなにがコワイの?」
「下痢と嘔吐が出るだけで、風邪と変わんないんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、

ノロウイルスがコワイのは耐性の強さと感染力の強さにあります。

 

風邪は症状が軽めで済むことがありますが、
ノロウイルスはそうはいきません!

ノロウイルスに感染して必ず出る症状は「ひどい嘔吐」と「下痢」ですが
場合によっては37度~38度程度の熱が出て頭痛も伴ないます。
そして症状の期間は2日程続きます。

ウイルスに感染してからすぐに症状が出るわけではなく、
感染から発症までは24時間~48時間程度の潜伏期間があります。

症状は2日ほど続いた後で徐々におさまってきますが、
その間はずーーっと下痢と嘔吐が続きます(涙)

 

その苦しいことと言ったら・・・言葉では表せないぐらいつらいですし、
ヘタすると脱水症状になってしまうこともあります。

嘔吐と下痢が続くとやたら喉が渇いたりしますよね?
できれば病院に行って点滴をしてもらい、脱水症状になるのを防ぎましょう。

 


スポンサーリンク

 

ノロウイルスの感染ルートと治療法

ノロウイルスの感染ルートは経口感染です。
口から体内に入ってきますから、
うがいや消毒などで菌を寄せ付けないように気を付けておくのも大切です。

感染者のウイルスが含まれるものは絶対に手で触らないように!

ノロウイルスは非常に強いウイルスなので、
感染者が身近に出ると周辺の人が感染しやすいというのも
特徴の一つなのです。

 

残念なことにノロウイルスは、
事前に予防接種などで防ぐことができません。

それができればどんなにか楽になると思うんですけどねー(涙)
お子様がいるご家庭なんて、予防できれば一番だと思いますが・・・

今のところ予防として有効なのは
菌が活きている状態を作らないこと」ですね。

 

丹念に手洗いやうがい、消毒を繰り返して、
外部からの菌をはびこらせないようにすることが大切です。
また、感染者が出た場合はすぐに嘔吐物を撤去し、
手袋などをして丁寧に消毒していきましょう。

そしてノロウイルスは対処療法しかできません。

抗ウイルス剤がなく、
点滴などをして自然治癒を待つしかないのが現状なのです。

下痢止めを飲んで下痢を止めてしまうと
ウイルスが腸にとどまってしまうので、
下痢止めを飲むのはおすすめできません。

 

 

ノロウイルスは感染した時の症状は大変キツく辛いです。
たった2日程度でおさまるとはいえ、、
子供やお年寄りにとっては命取りになることも・・・

なので、ノロウイルスには感染しないのが一番です!
毎日の手洗いやうがい、消毒である程度は予防できますから、
必ず毎日行いましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る