花粉との戦い~眼鏡の曇りグッバイ!マスク戦術~

スポンサーリンク

花粉マスク 曇らない

春になると、冬眠から芽が覚めた花や植物など、いっせいに咲き始めますね。
ぽかぽかあったかいし、なんだかわくわくしちゃう気分。

でもわくわくというよりか・・・そわそわしちゃう人もいるんじゃないでしょうか。
そわそわ、というかむずむず、というか・・・は・・・、はっ・・・

はっくしょーいい!!

 

そう!やってきます!花粉軍団!!
インフルエンザの季節を通り過ぎたと思ったら今度は杉、稲花粉の襲来です。

それにPM2.5や黄砂といった奇襲を考えれば、
防壁、武器と言う名のマスクはこれからも手放せません。

しかし私のような眼鏡兵は防具(マスク)を装着すると視界が・・・曇って・・・、
戦い(日常)に支障がきたされます。

また医療機関にお勤めの方、
寒い地域にお住まいの方もこういったつらい経験があるかと思います。

この春から眼鏡もしくは花粉症デビューされる方にとっても
回避したい出来事だと思いますので、
今回は戦場(春)を生き抜くためのマスク術を探ってみます。

 


スポンサーリンク

 

どうしてマスク+眼鏡は曇るのか

寒い時期にマスクをしていると、なんだか鼻や口周辺があったかいですよね。
それはマスクに覆われているので呼気がこもっているからです。

しかし一方で外気にさらされている眼鏡は低い温度のままです。
この時点で、眼鏡のレンズとマスクの中に温度差ができてしまっているのです。

そしてマスクの鼻の部分の隙間から漏れた呼気が眼鏡のレンズに触れて・・・、
温度差からレンズ表面に水滴がついてしまうわけです。

 

 

呼気をシャットアウト!マスク術

眼鏡、そしてマスクをして鼻まで覆うと、
鼻の部分の隙間から漏れた息が出て行くことからレンズが曇ってしまう・・・。

ならばその隙間さえ埋めてしまえばよし!
まずは鼻の部分から呼気が出ないようにするべしです。

ほんの一手間くわえるだけでだいぶ違う、
ちょっとした工夫を4つご紹介します。

 

①まずはこちらの動画をご覧ください。

お分かりでしょうか、マスクにある鼻の針金の部分を、一度外側に折り返し、
外側からフィット調節をするのです。

実は私もこれやったことがあるのですが、
するのとしないのでは曇り具合が断然違います!

動画にあるとおり、ちょっと大き目のマスクで行うのがコツです。

その場合耳にかける紐の部分がだぶつく人もいるかもしれませんが、
端をちょっとくくれば大丈夫です。

 

②ガーゼやコットン、ティッシュを使う

例えば このブログ にも紹介されています。
“要はノーズクッションの代わり。
マスクの上のラインギリギリに置いて、ワイヤーを押さえて顔にフィットさせる。
見た目も全然分からないよ。

あと思ったよりティッシュがずれないし、鼻への違和感も少ない。
メガネの曇り止めも買ったけどまだ使ってなくて、
今はこのティッシュで曇りを抑えてる。

好みでティッシュの厚みや幅を調整したり、一度試してみてね(^^)”

こちらはマスクと鼻頭の間に詰め物を入れて呼気の漏れを防ぐ方法。
ティッシュですとお金もそんなにかかりませんし、
捨てる時もマスクと一緒にポイできるのでとても簡単です。

 

③小さいマスクと大きいマスク、ダブルシャットアウト

大きさの違うマスクを用いる方法です。これですとあったかさ倍増、
空気の洗浄度としても効果が得られるはずです。

ただし、マスクを2枚利用するので、耳とお財布へのダメージもきます。

紐がゴム製だと伸縮しますし、
細いものだとなおさら耳の付け根が痛いでしょう。
しかし耳力に自信がある方はぜひやってみてはいかがでしょうか!

 

④棉棒を使う

ヤフーの知恵袋さん からの参考です。
こういったユニークな戦術、また市販のマスクをカスタマイズするのもいいでしょう。
なによりもマスクの一つ一つに愛着がわくはず・・・。

しかし私は面倒くさがりなので、一番目の折り返す方法をおススメします。

 

 

 

設備投資をしっかりできる、そんなあなたには・・・

設備投資ができる、つまり「高いマスクが買える」方には、
てっとりばやくこちらの商品をおすすめ。

 

快適ガードプロ

快適ガードプロ

この商品のショップページ

鼻に密着するタイプのマスク。
99%もの花粉やほこりをカットし、99%メガネの曇りをカットしてくれるという、
名前からしてマスクのプロフェッショナルですね!

鼻のところにクッションがついているので、
眼鏡の所にまで呼気を上がってこさせない優れもの。

使いきりタイプの不織布マスクなので清潔感もあるし、
なによりも耳の付け根が痛くなりません。

 

ウルトラフィット

ウルトラフィット

この商品のショップページ

こちらも花粉と曇りを防いで視界すっきり!
メガネとの相性がよいマスクです。

呼吸も楽に出来て、だけどしっかりお鼻・顔にフィットの立体プリーツ構造。
1枚ずつの包装がされているので衛生的です。

どちらのマスクも薬局やコンビニでも手に入りますのでぜひお使いください。

 

 

眼鏡自体に曇り止めをつかいたい場合

例えば室内に入ってマスクをはずした後など、
もうマスクはつけていないもののまだ眼鏡は冷えたままなので少し曇っちゃう・・・
なんてことも。

そんな時は直接、眼鏡に対策をしましょう。

エクストラ アンチフォグレンズクリーナー スーパーくもり止め

エクストラ アンチフォグレンズクリーナー スーパーくもり止め

この商品のショップページ

商品名からしてなんだか強そう。
アンチフォグ、つまりフォグ(曇る)のを防いでくれます。

5つ星評価を見ても5と4が並び、喜びのレビューも多く見られます。
1つ550円(送料別)、使い方はジェルをレンズ全体に薄く拡がるように塗るだけ。
1日は十分に効果があるようなので試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに洗剤とかのりとかリンスとかをレンズに塗るっていう裏技もあるみたいですが、
(私もやったことありますが・・・)レンズにダメージがかかっちゃうみたいなので、
使うならやはりちゃんとしたものを使いましょう!

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回私も「おっ!そんな商品があるのか!」なんて発見がありました。

この春の花粉対策、またハウスダストなどの日常的に気になる場面も含め、
眼鏡と相性の良いマスクを見つけたいものですね。

あなたの眼鏡レンズの曇り解消に役立てたら幸いです!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る