花粉ぷんぷんマスクはいつまで?~気になる花粉シーズンの終わり

スポンサーリンク

花粉マスクはいつまで必要?

春めいてきて、気分がのほほんとしてきたのもつかの間。
ある人にとっては冬の寒さよりも厳しい季節がやってきますね・・・。

「だ、だめだ!もう耐えられない!」
「内側をゆすげたら・・・!」「かゆい!」「とまらない!」
「はっくしょーぃ!」

つぎつぎに襲い来る目、鼻、のどへの総攻撃。
そう、花粉です!スギ、イネ、ヒノキ・・・飛び交い始めます!

マスク、目薬、鼻腔スプレーや鼻の下の皮膚が痛くならないティッシュなどなど、
世間は便利なアイテムを発明してくれますが

「この戦いはいったいいつまで続くのか・・・」と、
絶望にくれている人はいませんか?

花粉で目もかすむし、涙で明日が見えない、なんてなっていませんか?
そんなあなたに花粉はいつまで飛んでいるのか、マスクはいつまで必要かな?
の参考となる情報をご紹介。

鼻のむずむずがいつになれば終わるのか、胸がわくわくしてもらえると幸いです。

 

 

2015年、今年は少し早い花粉シーズンの幕開け・・・!

さて2月の23,24日、花粉観測機『ポールンロボ』によって
関東、近畿、中国四国、九州、で基準を超える花粉飛散量が観測されました。

その時点で「今後、本格的に花粉が飛び始めるだろう」ということで、
花粉シーズンが幕を開けたようです。

スギ花粉(雄花)は温かくなり始めると花粉を飛ばし始めますが、
今年は関東、東北地方で特に、季節はずれの暖かさも観測されるなどもあって、
どうやら花粉が飛び始めるのは少しだけ早かったようです。

「確かに今年は早いな・・・」なんて、
花粉に敏感な方は3月の初頭から症状が出始めていたかもしれません。

そして春一番の強風も吹き始める時期となった今は、
マスク、ティッシュ、飲み薬等は、
もういつでも使えるように用意しておいたほうがよさそうです。

 

 

スギ花粉のピークはいつまで?

東北:2月中旬から4月末まで
関東:2月初頭から5月末まで
東海:2月中旬から4月中旬まで
関西:2月初頭から4月中旬まで
九州:2月初頭から3月末まで

実は杉の花粉は年中飛んでおり、
空中を漂っているのは春だけではないのです。

ピークは年に2回あり、
その1回目が3月上旬頃、2回目が3月下旬頃とあり、
症状を引き起こすほど花粉が多く飛散するため、
春に花粉症となる人が増えるのです。

さらにスギ花粉から1月ほど遅れてやってくる、ヒノキ花粉にもご用心です。

 

 

ヒノキ花粉のピークはいつまで?

東北:3月中旬から5月中旬まで
関東:2月初頭から5月中旬まで
東海:3月中旬から4月中旬まで
関西:3月初頭から4月末まで
九州:3月初頭から4月中旬まで

地域ごとに見てみると、
関東地域の花粉の飛散期間が一番長いことが分かりますね。

ということで、花粉症の症状が重い方は2月初頭からマスク着用、
5月末までは気を抜かない、というのがおすすめです。

またスギ・ヒノキ以外の花粉症、飛散期間、花粉症全般情報について
今回参考とさせてもらったサイトは→こちら

 

 

 

花粉情報をチェックしよう

現在はテレビ、インターネットだけではなく、
スマホやアプリから便利で簡単に、
そしてリアルタイムに情報をゲットすることが出来るようになりました。

気象情報や花粉情報を入手して、
いつまで花粉は飛んでいるのか、マスクが要りそうか
などなど、自分の体とも相談しながらジャッジしてみましょう。

<花粉情報無料アプリ>

iPhone/iPad
花粉チェッカー
あなたの街の花粉情報
そら案内

Android
花粉ブラウザ
あなたの街の花粉情報
そら案内

 

 

その年の花粉が多いか少ないか、予測することが出来る!

さきほど花粉のピークの時期に触れましたが、
そのシーズンに空気中に飛散している花粉の量が多いか少ないか、
実は予測することが出来ちゃうのです!

といっても簡単な目安でしかないのですが、
それは前年度、例えば2015年の今年の花粉量は、
去年の2014年の夏の気温がどれくらい高かったかが影響しているんです。

つまり「今年の夏は例年に無い熱さです!」
とニュースキャスターが言った翌年春は、花粉の量が多いということなのです!

これは暑い夏は杉がよく育つため翌年春の飛散量が多くなり、
冷夏となると杉の生育が鈍るために飛散量は少なくなります。

 

 

いかがでしたでしょうか、つらい花粉の時期。
終わる時期が分かったら、少しはカレンダーをめくるたび、
一日が経過するごとにほっとするような嬉しいような。

ちなみにスギ花粉に悩まされる人にとって、
北は北海道、南は沖縄が逃げ場となるかも。

調べてみますと北海道と沖縄にはほとんどスギが無いため、
スギ花粉症がありません!

なんとなんと!さっそく旅立とう!と思われた方もいるかも。
しかし北海道はスギではなく、
白樺やヨモギの花粉でお困りの方がいるようです・・・。

しかしスギの生えている地域と比べたら圧倒的に楽になれる
と思いますので、ちょっとしたご旅行もいかがでしょうか。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る