花粉症の注射の効果って?~副作用の懸念される注射・安全な注射~

スポンサーリンク

花粉症の注射 効果と副作用

鼻がずるずる、くしゃみが止まらない、
目が痛いしかゆい、のども痛い。

花粉症の症状は重度の症状になると
日常生活に支障をきたしてしまうほどひどいものです。

 

私の家族はいつも薬を飲んでいますが、
薬を飲むと眠くなるらしく、あまり薬を飲みたがりません。

できれば薬を飲まずに、注射1本で治してしまいたい!
そんな風に思っている方も大勢いるのではないでしょうか?

 

花粉症の注射は何種類かありますが、
その効果はまだまだ世間に認知されていません。

副作用の可能性も指摘されており、注射一本ですぐに治る!
という域に達するのはこれから先のようです。

 


スポンサーリンク

 

花粉症の注射の効果

花粉症の注射には

・副腎皮質ホルモン注射(筋肉注射)
・減感作療法・免疫療法(皮内注射)
・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)

この3つが代表的です。

 

・副腎皮質ホルモン注射(筋肉注射)

即効性のある花粉症の注射としてよくあげられているのが、
副腎皮質ホルモン(ステロイド)筋肉注射です。
「これ1本で花粉症が治る」という噂があるのもこの注射です。

しかし、この注射は副作用が強く懸念されています。

ステロイドは非常に強い作用のある物質なので、
細心の注意が必要なものです。
しかし、耳鼻科学会やアレルギー学会など、
医師が集まる学会などでは望ましくない治療にあげられており、
現時点では骨粗鬆症や高血圧、糖尿病などの副作用が懸念されます。

しかも、花粉症が完治するわけではありません。

その効果は体内にステロイドが滞在している2週間~数か月の間、
花粉症の症状が抑えられると言ったところです。

これならほかの治療でもできますし、
副作用の危険をおかしてまでする必要はありません。

「妊婦さんが打っても大丈夫な注射」などとうたうところもありますが、
今のところはおすすめできる注射ではありません。

 

・減感作療法・免疫療法(皮内注射)

減感作療法は、
花粉症の原因であるアレルゲンのエキスを少しずつ体内に注射していき、
花粉に体を慣らすという方法です。

花粉症を根本的に治せるとすれば、この注射だけではないかと言われています。

少しずつ濃度をあげながら注射することによって、
花粉に対する抵抗力をあげるわけです。
抵抗力が上がるとアレルギー反応がなくなっていくので、
体質改善される・・・という仕組みですね。

しかし、この注射の欠点は時間がかかること。
花粉症シーズンの数か月前から始め、2年以上続ける必要があります。

また、効果も個人によって少しずつ違っています。

ですが、花粉症の完治を期待し、
減感作療法を続ける患者さんもたくさんいます。

毎年の花粉症を何とかしたい!というかたは、
この減感作療法がいいかもしれませんね。

 

 

・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)

あまり聞きなれない言葉ですが、
「星状神経節ブロック」という注射で花粉症を治す方法です。

これは、首の星状神経節という部分をブロックすることで
自律神経の働きや鼻粘膜の血流を活発にし、
くしゃみや鼻づまりを軽くするという治療法です。

この治療法も、
花粉の飛散の前に始めると効果が出やすいと言われています。
1回打てば終わり、というものではなく、
継続して30回程度打つ必要があります。

 

 

花粉症の注射 効果と副作用のまとめ

花粉症をすぐに直してくれる注射はありません!

ステロイドの注射は賛否両論ありますが、
まだまだ安全と言える範囲にない、というのが現状のようですので
避けたほうが無難のようです。

ほか二つの注射を継続していけば、症状が軽くなる可能性が十分あります。

薬で症状が改善しない人は、
アレルギーを扱う内科で注射の相談をしてみると良いでしょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る