冷え性の原因をつきとめる!冷え性にお悩みの女性・男性は必見です!

スポンサーリンク

冷え性の原因 男性と女性

「寝る時も靴下着用が必須!」
「冷房はカラダが冷えるから苦手・・・」

↑女性の中にはこんな方がたくさんいます。

実に成人女性の2人に1人が冷え性に悩んでいると言われており、
女性特有の症状として広く認識されるようになってきました。
(もちろん男性にも冷え性の方はいます。)

特に冷えているのが手・足・腰・お腹。若い人に多いのが
手足などが冷える末端冷え性で、
年を取るとともに腰やお腹に冷えを感じるようになってきます。

 

hiesho

 

冷え性というのは肌表面が冷たくなっているだけでなく、
最近は「体の中の冷え」も冷え性と言われるようになりました。
体の中の冷えは頭痛や肩こり、腰痛・月経痛などを引き起こし、
場合によっては日常生活に影響を及ぼします。

 

これから、そんな厄介者な冷え性について
男性・女性特有の原因についてお話したいと思います。

原因が分かれば対策を講じることもできると思いますので、
ご参考いただけると嬉しいです^^

 


スポンサーリンク

 

冷えの原因ってなに?女性の場合は…

圧倒的に女性に多いと言われる冷え性ですが、
その原因はさまざま。

主に考えられる原因としては以下のようなものがあります。

 

<体の構造による原因>

・月経
月経の際には大量の血液が子宮に運ばれます。
熱を運ぶための血液が子宮に奪われているわけですから、
体のすみずみまで熱が行き届きません。

そのため冷え性になりやすいのです。

男性より子宮や卵巣などの臓器が多い女性は、
腹部の血流が悪くなりがちなのです。

 

・筋肉量
女性は男性に比べて筋肉量が非常に少なく、
逆に脂肪が多いです。
筋肉は体の熱の約4割程度を作り出すという大事な役割があります。
筋肉を動かすことで熱になりそれが体を温めているというわけです。

女性は筋肉が少ないだけでなく、体に筋肉がつきづらい構造なので、
熱を作り出す力が男性よりも弱くできています。

そのため冷えやすい、というわけです。

 

 

<生活習慣による原因>

・食生活
食生活が乱れると、あっという間にミネラル・ビタミン不足、
たんぱく質不足になってしまい、冷えを招きます。

糖分や脂肪のとりすぎ、冷たいものやお酒の飲みすぎ、
過度のダイエットなどで体は熱を作れなくなり、冷えていきます。
米・肉・魚・野菜をバランスよく摂り、バランスのとれた栄養を心がけましょう。

 

・ストレス
長時間の仕事による体のストレス、人間関係などに悩む精神的ストレスによって
自律神経のバランスが乱れると、体温調整がうまくできなくなり、
血管の収縮などに影響が出ます。

ストレスは冷え性の中でもこれは見落とされがちな原因の一つ。
働く女性が多い今、病気の原因にもなりえるストレスをもっとしっかり取り除きましょう!

・運動不足
社会人になると運動をしなくなるもの。
運動不足になると筋肉量が衰えて冷え性になりやすくなります。

・服装
意外と見落とされがちですが、服装も女性の冷えを招く大きな原因の一つ。
夏場は特に薄着で冷房に当たっている上、
若い女性はシャワーだけですませる人が多く、冷えやすいのです。
お腹や足先をしっかりと守っておくのが大切です。

 

働く女性は特にストレスに注意!
私は長時間の仕事でストレスを溜め、それに気付かなかったおかげで体が冷えてしまい、
偏頭痛という持病を持つはめになりました(涙)
space
他にも血流を悪くする喫煙の習慣や、果物の大量摂取なども冷えの原因になります。
上記はどれも現代人に当てはまりやすい原因ばかり・・・・(涙)
特に忙しい人にとって食生活は頭の痛い原因の一つでしょう。
space
少しずつでいいので、運動をする、自炊する、ストレス発散・・・
などの変化をつけていくとよいでしょう。

 

 

男性の冷え性の原因は?

「冷え性は女性のもの」というイメージがありますが、
実は男性にも冷え性が増えてきています。

男性の冷え性の原因は、女性のような体の機能的なものではなく、
主に生活習慣やストレスが原因です。

特に暴飲暴食を繰り返す・不規則な生活・仕事のストレスを溜めっぱなし・・・・
などが原因で自律神経が乱れ、
内臓が冷えてさまざまな症状を起こす人がいるんです。

女性のように手足が冷えるわけではないので、気づきづらいのが男性の冷え性です。
体の中が冷えると体全体が不調に感じられるようになり、
なかなか治らない肩こりや頭痛に悩まされることも・・・

そうならないよう、生活習慣を乱さないというのは大切なことなんです!

 

運動不足の現代人は、男性でも末端冷え性が増えてきていると言われています。
男性の冷え性もあるということを自覚して、乱れた生活から脱却していきましょう。
冷えのない生活を送れば、10年後の自分の体が違ってきますよ!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る