女の子ウケ断トツ!メンズファッション2015秋コーデ特集

スポンサーリンク

メンズファッション 秋コーデ

ファッションにおいて、
実は秋が一番難しい季節だということを知っていますか?

夏は半袖半ズボンでもそれなりに恰好がつきますし、
冬は冬でアウターが全てを覆い隠してくれます。

しかし、秋はファッションにおいてそんな誤魔化しが通用しない、
センスがそのまま如実に服装に表れてしまう季節なのです。

ファッション下手にとってこんなに恐ろしい季節はありません。

絶対に外さない秋コーデ特集!

「そんなの関係あるか、俺は俺の道を貫く…」という方は、
この記事は見なかったことにしてください^^;

しかし、少しでも、ほんの少しでも私の意見に共感して下さる方は
どうか最後まで私の記事を最後まで見届けて頂きたいと思います。

そうすれば、あなたもきっと秋という季節を
秋コード・ファッションによって楽しめるようになるはずです。

それでは参りましょう、いざファッションのスタートラインへ!

 

 

 

女子ウケ抜群~メンズ秋コーデ2015~

王道中の王道、カジュアルコーデ

王道中の王道、カジュアルコーデ

まずは一番整えやすいカジュアルコーデから。

上記のモデルを見て、お、これなら俺にも出来そう、
なんて思いませんか?

それは決して勘違いなどではありません。

1つ1つのアイテムを見ても、
そんなに着こなしが難しそうなものは入っていませんよね。

ジーパンはチノパンに変えてもオッケーですし、
チェックシャツの前を閉じて、第2ボタンまで開けておくのもありです。

カジュアルコーデは汎用性が高く、着る人を選ばないという特徴があります。
秋ファッションの第1歩目としてはかなりオススメです。

慣れてきたら、ファッションサイトやメンズ雑誌などを覗いて、
自分なりに研究してみましょう

このアイテムの参照ページ

 

 

 

大人の男への第一歩、ジャケットコーデ

大人の男への第一歩、ジャケットコーデ

次のステップは、キレイめ系ファッションの、ジャケットコーデです。

ジャケットの下は襟シャツでもTシャツでも構いません。
しかし、できるだけシンプルなものを選びましょう。

パンツはジーパンもチノパンもどちらも合いますが、
ダボっとした感じのものよりも若干ピッタリめのもののほうが
全体のバランスは良くなります。

ジャケットコーデに重要なのは、なんといってもジャケットのサイズ感。
丈が長すぎたり、胴回りがほんの少し太かったりするだけで、
全体のバランスが崩れてしまいます。

ジャケットを購入する際はちゃんと店で試着して、
自分の体型に合っているかどうかを確認しましょう。

通販で購入していざ着てみたらなんか違う、
なんて事態になっても後の祭りですからね。

このアイテムの参照ページ

 

 

 

小洒落感を演出、ニットコーデ

小洒落感を演出、ニットコーデ

ニットと一口にいっても、
その形状はカーディガンだったりセーターだったりと多岐にわたります。

しかし、だからといって細かく着こなし方を変えろというわけではありません。
それをするのはよっぽどオシャレにこだわりのある人です^^;

基本的にニットはカジュアルとキレイめの中間だと思って構いません。
ジャケットほどカッチリとはしていませんが、
カジュアルよりかは若干フォーマル寄り、といった感じですかね。

着こなし方の基本は上記2つと変わりませんが、
1つ気を付けておきたいことがあります。

ニットは洗濯すると縮んでしまったり、
丈や袖の部分がデロデロによれてしまうことがあります。
そんなニットを着用すると大変みっともないので、
洗濯する際は十分に気を付けましょう。

このアイテムの参照ページ

 

 

 

メンズファッション秋コーデまとめ

少しはファッションのスタートラインに立った気がしてきましたか?

全員頷いてくれたことを信じて、最後に1つアドバイスを。
ファッションにおいて最も重要なことは、「清潔感」です。

どんなに格好の良い着こなしをしていても、
どんなに個性が溢れていても、
それが汚らしい格好だったら台無しです。

清潔感は、何よりのオシャレなのです。
そのことをお忘れのなきようにお願い致します。

それでは明日からあなたもオシャレさんの仲間入りです。
芸術の秋ならぬ、ファッションの秋を楽しみましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エアコンの効いた室内でのんびり読書

コミック無料読み放題

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る