ホワイトデーとは何ぞや?ホワイトデーの由来や意味を徹底解説!

スポンサーリンク

ホワイトデーとは…

バレンタインにチョコをもらったら、義理と分かっていてもうれしいもの。

でも、ホワイトデーにはお返しをしないといけない・・・と、
一般的には言われています。

ホワイトデーのお返しに困る人も意外と多く、
「何を返せばいいのかわからない」
「予算はいくらぐらいが適当なのか」などなど、迷う人もすごく多いです。

そう考えると、ホワイトデーって意外とめんどくさいかも・・・^^;

バレンタインデー=チョコレート、というのは
お菓子業者のキャンペーンで広がっていきましたが、
ホワイトデーはどういう由来があるのでしょうか?

 

 

ホワイトデーの由来と意味

ホワイトデーは、毎年3月14日と決まっています。
バレンタインデーに贈り物をもらった男性が、女性にお返しをする日として、
また告白された男性が女性に返事をする日、となっています。

なぜそんな習慣が生まれたのかというと・・・

元をたどればバレンタインデーと同じで、
お菓子業界が「お返しをする日」と設定して広めたものです。

 

なぜお返しをする日を定めたのかと言えば、
これは日本人の習慣と礼儀正しさを反映したもの。

贈り物をいただいたらお返しをするのが当たり前、
という日本人の習慣と、

「女性にプレゼントをもらってそのままというのは心苦しい・・・」
という男性の意見を反映して、

お菓子業界がホワイトデーを定着させたのです。

 


スポンサーリンク

 

ホワイトデーが始まったのはいつ?

ホワイトデーが初めて提唱されたのは1977年ごろ。
当時は「マシュマロデー」として、
バレンタインのお返しにマシュマロを贈りましょう!
という日だったようです。

バレンタインのお返し=マシュマロ、というイメージを持った人がいるのは、
このマシュマロデーに由来しているものと思われます。

 

そして、ホワイトデーが本格的に定着し始めたのは1980年代。

飴菓子の組合により、
「ホワイトデー=キャンディの日」というキャンペーンが行われ、
その年以降はホワイトデーにはお菓子を贈るという習慣が定着していきます。

 

今はお返しに贈るものは多種多様になり、
飴やマシュマロだけにとどまりません。

それだけに、男性は何をお返しするのかで困るわけですが^^;、
お菓子を贈り物にして困る女性はいないので、
いま流行のスイーツをお返しにするだけでも十分です。

 

 

ホワイトデーにお返しは必須?

ホワイトデーになにを贈るか迷っている男性も多く、
中には「義理にお返しって必要なの?」と感じている人も^^;

自分が望んでもらったわけではないのだから、
お返しなんて必要ないんじゃない?というのが男性側の言い分のようです。

 

ですが、「贈り物にはお返しを返すもの」
という日本人の習慣は失いたくないものですよね。

決して悪い習慣ではありませんし、
周囲の人と円滑なコミュニケーションを取るためにも
お返しをしておいた方が無難です。

 

物はお安くても何でもよいので、
ホワイトデーにはお返しをしておきましょう。

そのほうが、女性からの冷たい視線を浴びずに済みます(笑)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る