結婚式のご祝儀|兄妹・親族・友人それぞれ相場はお幾ら万円?

スポンサーリンク

結婚式の祝儀の相場って?~兄妹・親族・友人の相場とお祝いの気持ちの渡し方~

20代~30代にかけては結婚式に招待されることが多いですね。

私も20代後半ぐらいから結婚式に招待されることが増えて、
ホテルやゲストハウスなど、いろんなところに行きました。
結婚式って何度出てもいいものです(*^_^*)

 

でも!結婚式に招待されると必要なのが「ご祝儀」。
これがお金がない時には正直イタイ。
でも、お祝いの気持ちだからきちんと出しておきたい・・・ というのがホンネですよね。

結婚式ご祝儀は,親族兄弟の相場は

 

昔は「2で割れる数字はダメ!」なんて言われてましたけど、
経済状況の変化によって相場も変わってきました。

かも、友人・兄弟・親族など、結婚する人との関係でも相場は変わります。
ご祝儀って難しい・・・

いざ、結婚式に招待されたときに困らないように、
いろんな相場をリサーチしましたので、ご参考にどうぞ♪

 


スポンサーリンク

 

結婚式のご祝儀の相場

20代~30代で招待される結婚式は、友人か会社の同僚がほとんど。

ご祝儀は「2万円」もしくは「3万円」包んだ、
という方が多いんじゃないでしょうか?

それぞれの相場と言われている金額はこちら↓

・友人・・・3万円
・親族・・・5万円~10万円(いとこなら5万円・甥姪なら10万円~)
・兄弟・・・5万円~10万円

 

会社の同僚は友人と同じぐらいの相場ですね。
でも、お給料が厳しくてとても3万円は・・・という人は、
2万円でもいいと言われています。

 

もともと2万円がダメと言われている理由は「2で割り切れるから」
もしくは「2つに分かれてしまうから」、という縁起の悪さが理由です。

最近は5千円札2枚と1万円札1枚にしておけば大丈夫、という人もいますし、
そもそも縁起の悪さなんて気にしない、という方も増えました。

 

なので、友人や会社の同僚にどうしても3万円渡せない!という方は
上記のようにお札を3枚にして渡してあげるといいんじゃないかな?と思います。

もし、言える関係なら一言「今月厳しくてさ・・・2万でいい?」
と断りを入れておきましょう^^;

 

祝儀って3万円が多いのか…

 

私の友人は「ホントに金欠だったから3万円じゃなくて1万ペソにしてもらったよ~」
というつわものがいました^^;

友人だったから「気持ちなんだからいくらでもいいよ~」と言ってくれたそうです。

すごーく親しくしている友人なら、
断りを入れて少し少ない金額にしてもらう、ということもできそうですね。

 

 

遠方から贈るご祝儀

遠くに住んでいて結婚式に出席できない、
どうしてもはずせない用事があって欠席することになった!
そんな方はご祝儀を送ってあげるとよいでしょう。

そんな時にはいくら包めばいいのか(´ヘ`;)ウーム…
と悩む方が多いですが、これは相場と同じぐらいでダイジョウブ。

自分が結婚式に出席するとして、その人に渡したい金額を包みましょう。

 

直接渡せないという方は、現金書留で送っても大丈夫なんですよ。
遠方に住む甥・姪のために、ご祝儀を送るという親族の方もたくさんいますよ☆

「お金を郵送で送るなんて・・・」という人もいますけど、
決して失礼にはあたりませんのでご心配なく!

ただし、
書留で送付する場合は、必ず結婚式の1週間前ぐらいに届くように!
お祝いの手紙を同封することを忘れないようにしましょう。

 

書留で贈る場合は1週間前前に届くように

 

ご祝儀って気持ちですから、本来は「これが正しい!」というものはないんです。
相場を目安に、相手との関係の深さによってプラスしていくのがよさそうです。

でも!多ければいいってものではありませんから。
相場より多めに渡したい相手には、相手の負担にならないように、
相場に少しだけプラスをしてあげるのがGOOD!です。

 


 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る