新年会におすすめのゲームや余興~盛り上ればいいてものじゃないよ!~

スポンサーリンク

新年会のゲームと余興

年が明けてすぐに、
会社に勤めている方は新年会が催されることが多いでしょう。

新年会はその年の初めの飲み会なので、
幹事を任されるとプレッシャーに・・・^^;

 

ただの食事会でも盛り上がらないし、
女性だけじゃないからひたすらおしゃべりだけっていうわけにも行きません。
偉い人の話ばっかりでもつまんないですしねー。

そんな時は新年会向けの余興やゲームで盛り上がってみるのがいいでしょう。

 

shinnenkai

 

・・・とはいっても、

少し前に忘年会で余興やゲームをやってしまったという方も多いでしょう。
ビンゴゲームなどのオーソドックスな余興はできないという人も多いはずです。
さらに、新年会の余興は忘年会よりハードルが高い!

ただ騒いだだけでは1年の始まりにふさわしくないですから、
余興やゲームを考えるときもポイントをおさえて考えましょう。

 


スポンサーリンク

 

新年会の余興を考える時のポイントは…

・上司や部下、女性と男性などが入り混じってチームになって取り組めるもの
・動きがあるものと頭を使うものを両方を取り入れる
・余裕があれば映像などを取り入れる

 

このどれかをおさえておくと盛り上がります。
おすすめはチームに分かれてやるクイズやゲームですね。

shinnenkai-game

 

普段あまり会話をしない部署の人や上司の人と仲良くなれますし、
飲めや歌え!の忘年会と違って少し緊張感も生まれます。
程よい緊張感が新年会っぽくていいんです(笑)

 

 

おすすめのゲームとしては

超難しい漢字の読みあてクイズ(人の名前・魚へんの漢字など)

なかなか読めない、めずらしい人の名前や魚へんの漢字を用意しておき、
チームごとに読み方を考えてもらいます。
同じ要領で四文字熟語の意味を伝えて四文字熟語を当ててもらうなどでも盛り上がります。

 

チームで風船割り(早く終わったチームに商品有り)

チームごとに風船を5個以上用意しておき、早く割ったチームが勝ち。
一番早かったチームなどには商品があると盛り上がります。

 

世界の名画をパズルでつくる!

世界の名画をバラバラに切ってパズルにしておき、チームごとに絵を完成してもらう。
完成した絵の正式タイトルまで答えてもらうなどすると教養まで必要になるのでハードルアップ!
さらに盛り上がります。

上司と一緒に楽しむのであれば、頭を使うものが受けがいいですね。
普段使わない頭を使うというのは誰でも楽しいものです。
女性受けもいいので、幹事が頭を悩ますこともありません。

 

 

映像などを使いたい場合は…

数人の幹事が集まってゴレンジャーのかっこうをして街中で映像を取る、
上司の顔写真を持って一般の方にインタビューする
(「誰が一番仕事ができそうか?」「誰が一番かっこいいか?」など)
などで映像を作るのがおすすめ。歓談中に流すと非常に効果的です。

interviewer

 

また、どんな余興やゲームも、新年会はやりすぎないのがポイント!

盛り上がればOKの忘年会と違って、
「今からの1年間、仕事をがんばるぞ!」という感じを出していくと
上司受けもよくなって盛り上がりも程よく、幹事としても安心できます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る