入学祝い金の相場はいくら?~関係性や年齢によって変化するお祝い金~

スポンサーリンク

入学祝い金の相場 小中学生と高校・大学生

4月は新生活を始める時期ですね。

進学する人や社会人になる人は、
3月ぐらいから不安と期待でドキドキしているんじゃないでしょうか?

進学する人は、入学祝い金をいただくことお多いですね。
私も中学~大学入学まで、入学祝い金をもらった記憶があります。

しかも、いただいたのは親戚だけじゃありません。
小さい時から知っている近所のおばちゃんやおじさんまで
お祝いをくださいました(涙)

いただいたときはすごくうれしかったことを覚えています。

 

近所のおばちゃんが入学祝いをくれた^^

そんな私も、すでに入学祝い金を渡す側になりました。
入学祝いっていただくほうも贈る方もうれしいものですね。

 


スポンサーリンク

 

入学祝い金の相場はおいくら?

入学祝い金を渡す場合、気になるのが「いくら包むのか」」です。

はじめて渡した時は、
私も相場や適度な金額が分からず悩みました・・・(-_-;)

入学祝い金というのは贈る側の気持ちですから、
いくら以上でなくてはならない、という決まりやマナーはありません。

 

しかし、あまり大きな金額を渡すと相手に負担になりますし、
少なすぎても失礼になる気がします。

入学祝い金の相場って?

 

なので、「適度で喜ばれる金額を渡す」というのが
入学祝い金のルールといってよいでしょう。

また、進学されるお子様の年齢や、
あなたと進学する方・その親御さんの関係によって
金額は若干変わってきます。

 

大体の目安としては

・小学生・・・3千円~5千円程度
・中学生・・・5千円程度
・高校生・・・5千円~1万円程度
・大学生・・・1万円程度

このぐらいです。
もっとも金額が大きくなる大学生で1万円程度です。

 

私の場合、大学入学時にいただいた時も、
大学に進学する方へ贈った時も1万円でした。

大学進学はかなりお金が入用になるので、
1万円程度を渡すと喜ばれますね。

 

あとは、関係性によっても若干変化してきます。

・孫 → 上記の金額
・親戚の子(甥っ子・姪っ子) → 上記の金額
・親しくしている近所の方 → 5千円程度
・仲のいい会社の同僚の子 → 5千円程度

これらが相場のようですね。
親せきなど血がつながっている場合は上記のような金額、
親しい間柄の方は5千円程度を渡しておくと問題ないでしょう。

他人でも、すごく親しくしている場合にはもっとお渡ししても構いません。
相手が恐縮しない程度に、気持ちを上乗せしてあげてください。

 

 

入学祝い金は誰に渡すの?

入学祝い金を渡すとき、「本人に渡すの?親に渡すの??」
と迷ってしまうと思います。

小学校入学時は親でいいと思いますが、
中学生以上は本人に渡すのがいいのか、
親に渡すのがいいのか迷うんですよね^^;

基本的には、小学校入学時は親に。
中学生以上は本人に、というのが一般的なようです。

 

もっとも微妙なのは中学生・高校生あたりでしょうね。
本人がしっかりしていれば本人に渡しても構わないですが、
子供がお金を持つことを嫌がる親御さんもけっこういます。

入学祝い金は本人に渡す?

 

なので、中学生・高校生に入学祝いを直接渡す場合は、
先に親に一言断っておきましょう。

本人に渡さないでほしい、親に預けてほしい、
と言われた場合は親御さんに渡した方がよいと思います。

 

お祝いは本人に渡すのが本当ですが・・・
何かと費用がかかるのが進学ですから、
親御さんに渡したほうがいい時もあります。

事前に相談しておくと安心ですよ^^

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る