入学祝いを渡す時期は?~進学する子供たちにお祝いの気持ちを渡すには~

スポンサーリンク

入学祝いの時期…

4月は入学式シーズン!
新たな学校へ進学して、新しい生活を始める時期です。

自分の知り合いや親せきの子たちが学校に上がると、
「もうそんな年になったのか~(*^_^*)」と感じてしまいます。

 

学校に進学した時は、
親戚からお祝いをいただいた記憶があります。

うちの場合はもらったのは親で、
私へのおこづかいではありませんでしたが^^

当時はとてもうれしく、「進学するんだなぁ~」と実感したものです。

 

大人になるとお祝いを渡す側になるわけですが、
大事なのはわたす時期!

入学祝いの相場やわたす時期をしっかり把握しておかないと、
恥をかいてしまいますので注意が必要です。

 


スポンサーリンク

 

入学祝いを渡すのに最適な時期は?

入学祝いを贈るのに最適な時期は、
「入学が正式に決定した時~入学式が行われる前まで」

↑この時期に渡すのが最適です。

 

入学祝いですから、
入学してから贈ったら時期外れの感じがいなめません。
必ず入学する前に渡してあげましょう。

しかし、難しいのが受験生に贈る入学祝いですね。

 

受験生に入学祝いを贈るときは、
受験が終わって、
どこに入学するのかが確定してからでないと渡せません。

3月だからもう決まってるだろうと思って3月上旬に渡したら、
本命の受験は今からだった・・・なんてことになりかねません。

どこに進学するのかは、お祝いを贈る前に必ず確認を…
3月の下旬になればほとんどが決定していますから、
その頃に確認してみましょう。

 

また、受験生は必ずしも希望の学校に行けるとは限りません。

本命の学校に行けなかった、
受験に失敗したので大学進学をあきらめたなど、
さまざまな要素が付きまとうのが受験生です。

本命に行けなかった場合はお祝いの言葉にも注意して、
大学進学をやめて就職した人には就職祝いを渡してあげましょう。

 

それと、万が一入学式後にお祝いを渡すことになった場合は、
できるだけ早い時期に渡しましょう。

親戚でも、時期が遅れるとマナー違反になってしまします。
お祝い事ですから、マナー違反にならないように!
遅くとも4月中旬までには渡しましょう。

 

 

入学祝いの相場はいくら?

入学祝いを贈るときに困るのが、
「いくら渡すのがいいのか」という問題ですね^^;

一般的に、入学祝いとしてお金を包んで渡す場合は

・親族(祖父母・叔父・叔母など)が贈る場合
1万円~数万円程度

・知人が送る場合
3千円~5千円程度

↑これらが相場です。

また、親が子供に入学祝いを渡すときも1万円~数万円が相場です。

 

友人・知人の場合はその人との親密度合いで変わってきます。
関係が親密な場合は少し多めに渡してあげましょう。

入学する子供の年齢を考慮すると

・小学生・・・3千円~5千円程度
・中学生・・・5千円程度
・高校生・・・5千円~1万円程度
・大学生・・・1万円~数万円程度

このあたりが妥当と言えます。

それと、、入学祝いを誰に渡すのかも迷うところですね。
小・中学生は両親に、高校生以上は本人に渡してあげるとよいでしょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る