鮮やかな花の絨毯!関東の芝桜の2017見頃時期は?

スポンサーリンク

関東の芝桜2017の時期は?

関東には沢山のお花見スポットや桜の名所があり、
地元の人は勿論、観光で訪れる人など、毎年沢山の方の目を
楽しませくれます^^

ところで、桜の名所と聞くと、ついソメイヨシノに代表される、
木に花が開く桜を思い浮かべる方が多いと思うのですが…
関東ではそれ以外でも素敵な桜を楽しめるのを知っていましたか?

それは、芝桜。

鮮やかな花の絨毯!関東の芝桜の2017見頃時期は?

淡い桃色や、赤色、薄紫、白色など、様々な色の美しい花を咲かせる芝桜が、
公園や丘の地面を埋め尽くすように咲く様は、まるで花の絨毯のようで、
とっても美しいのです。

一面の芝桜の中を歩くと、
メルヘン世界に迷い込んだようなロマンチックな気分になります。
また写真を撮るのも楽しいのでまだ行ったことが無い方は、
ぜひ2017年は芝桜を見に行ってみませんか?

今回は、この関東の芝桜の、2017年の見頃の時期や、
おすすめの芝桜スポットなどをご紹介します。

メルヘンな花の絨毯、芝桜が気になる方は要チェックです!

 


スポンサーリンク

 

芝桜とは?

関東での見頃の時期の話の前に、芝桜とはどんな花なのかを、
もう少し詳しく書いておきますね。

花について少し詳しく知っておくと、実際に見に行った時に
より観察して楽しめますし、また雑談のネタとしても役立ちますよ。

芝桜とは、ハナシノブ科の多年草で、
別名をハナツメクサ(花詰草または花爪草)といいます。

ソメイヨシノなどに代表される一般的な桜は、
バラ科モモ亜科スモモ属の落葉樹なので、芝桜とは違う品種なのですが、
このバラ科の桜に似た形の花が咲き、色は淡桃、赤、薄紫、白などがあり、
葉型や、水平方向に地面の上に伸びる性質(=匍匐性)から、
芝桜と名付けられました。

芝桜とは?

葉は1cm程度で小さくて硬く、
よく枝分かれして地面を覆い尽くすように密生します。
葉が小さいため離れて見ると殆ど花しか見えないくらいに花が目立つのと、
この密生する生え方のおかげで、芝桜を遠くから見ると、
まるで花の絨毯のように見えるんですね。

芝桜の咲く時期は4~5月頃ですが、寒暑や乾燥に強く、常緑のため、
芝生代わりに植えられている場合もあります。

ですので、普段よく見かける、ただの緑の芝生だと思っていた場所も、
花の時期がくると「あれは芝桜だったのか~!」と気付く事があるかもしれません。

芝生が生えている場所に心当たりがあれば、
春頃にチェックしてみてはいかがでしょうか♬

 

 

 

2017年の関東の芝桜、見頃の時期は?

関東での芝桜の見頃の時期を調べたところ、
通年だいたい平均して、4月上旬~5月上旬くらいでしたので、
2017年も同じ時期を見頃と考えて良さそうです!

ただし、場所によって見頃が3月下旬~5月上旬だったり、
多少のばらつきはあります。

この場所による見頃時期の細かい違いは、都や県での違いではなく、
芝桜スポットごとによるものです。

ですので芝桜を見に行きたいスポットを見つけたら、
その公園なり施設をピンポイントで調べるのが良いと思います。

だいたい4月上旬から5月上旬、と覚えておけば大丈夫ですよ。

現時点で、「2017年の芝桜を関東のどこかに見に行きたい!」くらいの
ざっくりした予定を立てたい場合は、
だいたい4月上旬から5月上旬、と覚えておけば大丈夫ですよ。

 

 

 

関東のおすすめ芝桜スポットをご紹介

東京ドイツ村

27万坪という東京ドーム19個分の敷地面積を誇る、
千葉県にある花と緑のテーマパークです。

ここは、冬場のイルミネーションが人気で有名ですが、春の芝桜も美しく、
そしてその規模も5万平方メートル、25万株と関東最大級!
広大な敷地に、色ごとに分けられて植えられた芝桜の花が、
パッチワークのようにも見えてとってもきれいですよ^^

見頃は3月下旬~4月中旬と他の芝桜スポットより少し早く、
敷地が広いので混雑を避けてゆっくり芝桜を楽しめます。

入園料は、通常時だと駐車料金(乗用車)1,000円、大人800円、
小人400円ですが、イルミネーション期間が特別料金になっていたので、
芝桜の時期も料金が変わるのかもしれません。
※行かれる際は公式サイトをご確認くださいね。

〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419
公式サイト

 

 

芝桜の丘 羊山公園

埼玉県秩父市の東側にある自然に囲まれた美しい公園で、
市街地を見渡せる高台にあり、眺めの良いスポットとして人気の場所です。
ここは桜の名所でもあるのですが、芝桜も美しく、毎年多くの人が訪れ、
鮮やかなピンク色や紫色の花の絨毯を楽しんでいます。

芝桜の植栽面積は、約17,600平方メートルと関東でも有数の広大さで、
その中に9種類、約40万株の芝桜がびっしりと敷き詰められています。

芝桜の見頃は4月中旬~5月上旬です。
入園料は、一般300円、一般団体(20名以上)250円、
中学生以下は無料、となっています。

〒368-0023 埼玉県秩父市大宮6267 羊山公園管理事務所
参考→秩父観光なび 芝桜の丘

 

 

富士芝桜まつり

山梨県の富士本栖リゾートにて行われる、「富士芝桜まつり」は、
関東でも最大級の芝桜を楽しむことができる、春の風物詩です!
芝桜の株数は、なんと80万株!青い空と、まだ雪の残る富士山と、
ピンクや白など色とりどりの芝桜の絨毯のコントラストがとても美しいです。

敷地を歩き回りやすいルートも整備されているので、写真を撮ったり、
美味しい物を食べたりしながら、芝桜を存分に楽しめます。
散策に疲れた時は、富士山の真正面に設置された展望足湯で、
リラックスできるのも嬉しいですね。(有料です)

芝桜の見頃=富士芝桜まつり開催期間で、
だいたい4月中旬~5月下旬となっています。
※2017年の正確な開催期間は公式サイトをご確認くださいね。

入園料は、大人(中学生以上)600円 小人(3歳以上)250円、
団体大人500円 小人200円(15名以上より適用)となっています。

〒401-0337 南都留郡 富士河口湖町本栖212
公式サイト

 

 

みさと芝桜公園

群馬県高崎市にあるみさと芝桜公園では、4月上旬~5月上旬頃の
芝桜の開花に合わせて「みさと芝桜まつり」が行われます。
26万株の芝桜が一斉に咲き、「織姫が置き忘れた桃色の羽衣」をイメージ、
赤・白・ピンクの帯状にデザインされた連なり、模様を描いた芝桜を楽しめます。

この凝ったデザインの芝桜は、他では見られない珍しいものなんですよ。
また、芝桜と同じ時期に咲く菜の花との競演も美しく素晴らくて、
とってもおすすめです^^

入園料は、大人300円(200円)、小学生100円(50円) 、小学生以下無料
※()内は15名以上の団体料金となっています。

〒370-3113 群馬県高崎市箕郷町松之沢 箕郷町松之沢12-1
参考→高崎観光協会

 

 

以上、関東の芝桜について、
2017年の見頃時期と、おすすめ芝桜スポットのご紹介でした。

芝桜は、植えられている敷地が広く、株数が多いほど見応えがあって、
メルヘンチックな情景と非日常感を与えてくれます。

今回のおすすめスポットは、そうした広くて芝桜の株数が多い場所を選んで
ご紹介してみました。
よかったら、2017年の芝桜を見に行くスポットの候補としてご検討下さいね。

芝桜は、桜が散った後くらいが見頃なので、
春のお花見に行けなかった方が桜のかわりに楽しむこともできますし、
ゴールデンウィークあたりに芝桜が見られるスポットも多いので、
連休中のドライブで訪れるにもピッタリですよ♬

2017年は関東の芝桜が作りだす美しい花の絨毯を是非ご堪能ください。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る