伊豆の春!河津桜2018年の開花予想は?見頃時期はいつ頃?

スポンサーリンク

河津桜2018開花予想 見頃時期いつ

寒い冬の季節もそろそろ中頃から終わりに差し掛かっていますが、
この時期になると、「冬早く終わってほしい」「早く春にならないかな~」とか、
「春になったらどこに行こうかなぁ」とか、
春のレジャーやお出かけ先を想像しながら、春の訪れを待ちわびる方も多いと思います。

また、春といえば多くの方は真っ先に桜の花をイメージするでしょうが、
そこから、今年はどこにお花見に行こうかな、早く桜が見たいなと
満開に咲き乱れる美しい桜に想いを馳せる方も、今時期は多いことでしょう。

ですが…桜の季節は基本的には3月~4月、遅いと5月や6月なんてところもあります。
冬も終わりに差し掛かっているといっても、お花見が出来るのはまだまだ先、
本格的に春の訪れを感じられるのは「まだ数ヶ月先かぁ」と、ちょっとガッカリ…。

伊豆の春!河津桜2018年の開花予想は?見頃時期はいつ頃?

しかし
実はそんなに何か月も首を長くして待たなくても、
すぐに桜が楽しめるお花見スポットが、あるんです。

それは…
静岡県の伊豆半島にある賀茂郡河津町の、河津桜

この河津桜は、上に書いた一般的な桜の開花時期よりも少し早く、
まだ冬が終わらないうちに咲きはじめるのです。
しかも、ここの花は大きく鮮やかなピンク色をしており、
まだ冬の寒さが残る中、見る人に春の訪れを充分過ぎる程に感じさせてくれる、
見応えたっぷりな、とても美しい桜なんですよ。

静岡県の伊豆半島にある賀茂郡河津町の、河津桜!

というわけで、今回はこの河津桜について、
2018年の開花予想見頃時期がいつなのか、
そしてお花見におすすめの絶景スポットなど、色々調べてご紹介します!

いち早くお花見をして、春を感じたい、寒い冬に気持ちだけでも別れを告げたい…
そして2018年に誰よりも早く美しい桜を見たい、という方、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

河津桜とは?特徴など概要

開花予想などの話の前に、簡単にではありますが
河津桜の特徴など、概要について少し書いておきます。
軽くでも覚えてから見ると、よりお花見が楽しめますよ!

河津桜とは、静岡県賀茂郡河津町で咲く桜です。

原木は、伊豆急河津駅から天城山へ向かって1.2kmの地点と、
河津町田中の飯田氏宅の庭にあります。
また、河津川の下流から河口付近までの
川沿い約4キロにわかっての桜並木もあります。

毎年だいたい1月下旬から咲きはじめ、
全国的にみても、早咲きに分類されている桜になります。

桜の種類としては、カンヒザクラとオオシマザクラの
自然交配によって生まれたものだと考えられています。
花が大きく、鮮やかなピンク色なのがここの桜の特徴で、
とても美しくまた可愛い花ですよ。

河津桜とは?特徴など概要

河津桜を見に行かれる方は、ぜひこの、大きくてピンク色の濃い、
美しい花に、注目してみてくださいね。

また、河津桜開花の時期に合わせて、
毎年「河津桜まつり」というイベントも開催されています。

これについての詳細は後述しますが、簡単に説明しておくと、
河津桜まつりの期間中、夜桜のライトアップや露店の出店などがあり、
より河津桜が楽しめるようになっていますので、
河津桜を見に行くなら、この祭りの期間に行くのがとってもおすすめです。

 

 

 

河津桜2018年の開花予想は?

河津桜の2018年の開花予想を調べてみたところ、
なんと…

既に咲き始めています!

2017年の台風の影響で、12月上旬から一部で開花が始まり、
2018年1月10日時点で、
見高、浜、谷津地区、田中地区の桜が1分~2分咲き、
河津桜原木も一部で開花がみられるようです。

しかし、年が明けて年末よりも寒くなったため、
今のところそこから変化はなく、花も増えていないです。

2017年の台風の影響で、12月上旬から一部で開花が始まり

というわけで、河津桜の開花は既に始まっているので、
お花見に行くにあたっては、満開や見頃時期を気にして、
予定を立てるのが良さそうですね。

河津桜の見頃時期は次項でご紹介しますよ。

 

 

見頃時期はいつ?

河津桜の見頃は、枝にピンク色の花がびっしり咲く満開時と、
満開になる少し前の、花に勢いがある6~8分咲きのころ、とされています。
満開の期間は、毎年雨風の影響で変わりますが、約1週間程度で、
それが過ぎると、花は散らないものの葉が出てきて緑色の配分が増えます。

そして、そんな河津桜の、2018年の見頃時期を調べたところ…

2018年の見頃時期は、まだはっきりとはわからなかったのですが、
例年では、だいたい2月上旬~3月上旬にかけてが見頃であることと、
近年の開花や見頃時期から導き出した予想では、
2018年2月25日頃が見頃だと予想されていました。

2018年2月25日

 

しかしあくまでこれは予想ですから、
気温や天気などによって、見頃は変わる可能性もありますが
だいたいこの頃が見頃と覚えておくと、お花見の予定を立てるのに役立ちそうですね。

しかし、これだと、もっとしっかりきっちり見頃に合わせて行きたい!という場合には、
はっきりしなくて困るんだよね~と思う方も居られますよね。

そこで、更にもうちょっと調べたところ

河津桜まつりの公式サイトで、
2月10日から3月10日まで、河津桜の開花状況が
写真付きで公開されることがわかりました。

2月10日から3月10日まで、河津桜の開花状況
出典:河津桜まつり公式

現在はまだ公開前なので、2017年の表示で止まっていますが、
時期が来れば後日、2018年の公開が始まりますから、それを逐一開花をチェックして、
ここだというタイミングで、お花見に出かけることが出来ますよ!

6~8分咲きや満開の見頃時期を狙って、しっかり見に行きたい場合は、
ぜひこの公式サイトをチェックしてみてください。

 

ちなみに、見頃は先に書いたとおり満開または6~8分咲きの頃ですが、
河津桜は、実は葉っぱが出てきても、綺麗です。
花と小さな葉の組合せが、鮮やかで可愛く、そして美しいんですよね。
個人的には、全面ピンクも好きですが、少し緑が入っているのも、
春らしい色合いで素敵だなと思います。

 

 

 

お花見がより楽しめる!河津桜まつりとは?

前項でもさらっと書いた、河津桜まつりを、
ここではもう少し詳しく、ご紹介しますね。

河津桜まつりとは、毎年、河津桜の咲く時期に、河津町で行われるイベントで、
開催日は毎年微妙に違います。

ちなみに、2018年は、2月10日(土)~3月10日(土)の開催となっています。

河津桜まつりの開催中は、B級グルメが集まるイベント、
沢山の露店などの出店、特設ステージでのパフォーマンス
…などなど、お花見をより楽しめることが沢山行われます。

また、河津桜まつり期間中は毎日18:00~21:00(又は18:00~21:30)に
桜並木と名木のライトアップが行われ、
昼間とは違った、夜の幻想的な桜を楽しむこともできますよ。

お花見がより楽しめる!河津桜まつりとは?

桜まつり開催期間中は、
河津町内の旅館宿泊者限定で、夜桜ライトアップ会場へのバス送迎や、
夜桜見学用の無料駐車場開設など、嬉しいサービスもありますので
賑やかに、楽しく、そして便利に一足早い春の訪れを楽しむなら、
この桜まつりの開催中にお花見に行くのがおすすめです。

河津桜まつりの、もっと詳しいプログラムや、マップなどは、
公式サイトで公開されているパンフレットに詳しく書かれているので、
ぜひチェックしてみて下さいね。

河津桜まつりパンフレット

 

 

 

河津桜のおすすめお花見スポット

河津桜が見られる場所は、前項でご紹介した、
河津桜まつりのパンフレットのマップにも書いてあるのですが…

これだけ見ると、どこが特に見やすいのかとか、
またせっかくお花見に行くなら写真を撮りたい!という方は多いと思いますが、
どこが一番写真映えするのか、撮影しやすい場所はどこなのか、などが、
あまりよくわからないんですよね。

そこで、ここでは、美しい河津桜を存分に楽しめて、また写真映えもする、
特におすすめのお花見スポットをいくつかご紹介します!

 

かじやの桜

かじやの桜は、河津桜原木が発見され、
それを元に接ぎ木による苗の生産が始められた頃に作られ、成長した
河津桜の一期生のうちのひとつで、大きくて大変美しい一本桜です。
沢山の桜が並ぶ桜並木とはまた違う、凛とした魅力がありますよ。
植え込みと桜との組み合わせも美しく、写真映えも抜群です。

ちなみに、このかじやの桜は個人所有のもので、民家の庭に生えているのですが、
桜まつりの時期は庭が解放されており、花や木を間近に見ることができます。

河津桜観光交流館前にあり、駐車場なども近いので、
アクセスのしやすさも、おすすめポイントのひとつです。

 

河津川の橋の上

河津桜まつりの期間中は、お花見客や観光客で込み合いますので、
なかなか、人ごみを入れずに桜だけを見たり、写真を撮影するのは難しいです。
ですが、河津川にかかる橋(荒倉橋など)の上から見れば、
空と川と花だけが見えて、人ごみを入れずに写真も撮れるんです。おすすめ!

橋の上からは、川沿いのピンク色の桜並木や、
そのすぐ近くの黄色い菜の花が一望でき、また写真撮影している人も少なめなので、
比較的楽に、撮影のための場所取りをする事もできます。

 

菜の花ロード

河津川沿いの桜並木には河津桜が植えられている他、
黄色い菜の花が咲いている菜の花ロードという場所があり、ここから見ると、
ピンク色と黄色の美しいコラボレーションが楽しめます。

ちなみに桜と菜の花を一緒に写真に写すには、ローアングルで菜の花に接近して
奥の河津桜が一緒におさまるようにするとか、ちょっとしたテクニックが必要ですが
上手く撮れると花の存在感抜群の美しい写真が撮れるので是非挑戦してみてください。

なお、この近くには、無料の足湯もありますよ。(さくらの足湯処)
桜を見て回って疲れたら、ここの足湯で一休みするのもおすすめです。

 

 

以上、伊豆の春を代表する早咲きの桜、河津桜について、
2018年の開花予想や見頃時期がいつ頃なのか、
また、河津桜がより楽しめる賑やかなイベント河津桜まつりや、
おすすめの花見ポイントなどのご紹介でした。

早く春を感じたい、早く桜が見たい~!という方、
ぜひ、誰よりも早めに春を満喫するために、参考にして頂ければと思います。

桜って、白っぽかったり、薄いピンク色で小さな花…
というイメージを持つ方が多いと思いますが
最初の方に書いたとおり、河津桜は大きくて、鮮やかなピンク色の花が特徴で、
見た目のインパクトも強いですし、それでいて桜の可憐さも持ち合わせていて、
本当に美しい桜なんですよ。

そんな素敵で美しい河津桜に、多くの方が出会って楽しめるきっかけとして、
この記事が、お役にたてれば嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る