諏訪湖湖上花火大会2016 日程や桟敷席チケット・穴場情報

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会2016 日程/桟敷席チケット/穴場情報

7月になると、全国各地で花火大会が行われますね。

中でも有名なのが「諏訪湖花火大会」。
行ったことのない人でも、
名前は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

ナイアガラやスターマインの映像がネットで配信されたり、
テレビで紹介されたりします。

その迫力満たさに全国から人が集まるんです。
↓↓↓

これだけの花火大会だけあって、人出もすごい(汗)
有料の桟敷席がありますけど、そのチケットを取るのも一苦労です。

2016年の大会も相当競争率は高そうですよ^^;

 

なので、諏訪湖花火大会に行きたい人は、
ここからの情報収集をしっかりとインプットしておいてください!

「桟敷席でゆっくり見たいわ~」という人は、
席確保にかなりの気合いが必要ですから覚悟してくださいよ!

それでは、諏訪湖花火大会2016日程、
桟敷席情報や穴場スポットをまとめてご紹介します。

 


スポンサーリンク

 

諏訪湖花火大会2016の日程と桟敷席情報

諏訪湖花火大会2016日程

2016年8月15日(月) 19:00~2(雨天決行)
開門時間:14:00予定
開催場所:諏訪市湖畔前諏訪湖上
打ち上げ数:36セット 40,000発(予定)

雨天決行になってます。
荒天でどしゃ降りにならないことを願います^^;

 

 

諏訪湖花火大会2016 桟敷(マス席)・有料席案内

▽桟敷席(全171マス)
大型マス:10マス(50人可)/ 桟敷席料金:285,000円
特別マス:53マス(20人可)/ 桟敷席料金:123,000円
特別マス:103マス(20人可)/桟敷席料金:102,000円

ブロック指定席 約2,400席/ 席料金:4,000円

▽有料自由席(前売)
石彫公園・湖畔公園 約5,500席/ 3,000円(大人)、1,500円(小人)
ローソンチケット石彫公園・湖畔公園 約6,700席/
2,500円(大人)、1,500円(小人)

▽有料自由席(当日)
旧東バル跡地 当日自由席 約7,000席:大人/小人:1,000円

このうち、マス席とブロック指定席は抽選です。
当日購入できるのは「旧東バル跡地自由席」だけですね。

ゆったり確実に!というかたは前売りを購入しておきましょう。

でも、有料自由席でも場所取りは必要ですし、
イスに座って鑑賞はできません(> <。)

人気花火大会だけに、有料席もなかなかキビシイものがありますが^^;
ないよりはマシ!

こちらをよく読んで、自分に合った有料席を確保してくださいね。

有料席詳細・お申込要領は→諏訪湖祭湖上花火大会
会場と有料席配置の詳細は→諏訪湖祭湖上花火大会
 

 

 

諏訪湖花火大会の穴場スポット

穴場スポットとして快適に花火をご覧いただけるように!

・そこそこ大きい花火が見られる
・人が少なめで混雑しない

↑この条件をクリアしたスポットを厳選してご紹介します!

 

穴場1 高ボッチ高原

高ボッチ高原から観た花火
出典:諏訪湖で花火大会

この公園は、少し見下ろす感じになるのがポイント。

首も疲れないし、人混みもそこそこ。
で、ゆっくり花火が見られる・・・

最高の穴場スポットじゃないでしょうか?

 

 

穴場2 立石公園

立石公園から観た花火
出典:水中カメラマンのデスクワークな日々
諏訪湖を見渡せる高台に位置している公園ですね。
ここもキレイな花火がすべて見られるベストスポットの一つ。

ただ、穴場としてはかなり有名になってきたので、
ちょっと早めに行って場所取りしておく必要はあります。

 

 

穴場3 百景園(ヨットハーバー)

百景園から観た花火

打ち上げ場所に面しているので、迫力の花火が見られる
ベストスポット!!

それもその筈、有料の本会場から近いですし、
ロケーション的にも大差はありませんから、人気が集まって仕方ないです。

今回の穴場ではイチバン有名なスポットなので、
遅くても、午前中から場所取りする必要あります(頑張って^^)。

目の前で花火が見たい!という方におすすめです。

 

 

 

こちらが本命穴場!

みずべ公園から観た花火

長年、諏訪湖花火大会を取り続けているカメラマンさんによれば、
近年は上の3つはかなり激戦区になっているとの事。

まっ無料なのに良いロケーションなんですから、
ある程度の場所取りは止むを得ないと思ってください。

で、そのカメラマンさんによると、
混雑と場所取りの苦労を極力避けたいなら、
対岸の下諏訪の方が混雑はかなり少ないそうです。(花火会場は上諏訪)

その中でも、花火がキレイに見えて、
混雑が少ない(立石公園より少ない)のは、みずべ公園付近とのことでした。

 

距離的なことは立石公園と変わらない気がしますが、
高台から見下ろすせいか、こちらの方が近く感じますね。
また、眼下で余分なものが視界に入らないものいい感じです。

 

 

 

桟敷席も、穴場スポットも、なかなか確保がキビシイです^^;
普段人口5万人程の町に、その10倍の50万人が訪れるんですから、
どこも込んでいて当たり前ぐらいの気持ちで乗り込んでください!

ましてや国内で有数の花火大会なんですから、それは致し方なし!
早めの行動でしっかりと場所を確保しましょう。

 

絶対に目の前で見たい!という方は有料席を。

ちょっと離れてもいいからイスに座って見たいなぁ、という方は
穴場スポットを確保してください。

 

いずれにしても大混雑なので、車で行く方は交通規制が始まる前に
早めに場所取りに向かいましょう!

穴場できれいな花火が見れるとすごくうれしいですから(*^_^*)
しっかり場所取りしてベストな花火を鑑賞してくださいね!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料一括見積もりで最大55%OFF!!

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る