2017年の前橋花火大会はどうなる?日程や時間、有料席を予測

スポンサーリンク

前橋花火大会2017 日程/時間/有料席

今年の夏休み、家族で出かけたい場所は決まっていますか?
「せっかくだから、家族みんなの思い出に残るところがいいな~」
「そうだ、花火なんかいいかも!」

そんな風にお考えなら、「前橋花火大会」はいかがでしょうか?

前橋花火大会は、昭和23年にスタートし、その後中断した時期はあったものの、
現在まで脈々と続いている歴史ある花火大会なのです。

昨年も、約15,000発の花火が大勢の観客の心を魅了しました。

特に見どころなのは…
しだれ柳のような花火が何発も一斉に打ち上げられる「空中ナイアガラ」
そして400mにもわたって一斉に打ち上げられる「虹のナイアガラ」

「前橋花火大会へ行ってみたい!」となれば、真っ先に確認したいのが日程や時間でしょう。

なんだか、言葉で聞いただけで迫力のすごさを感じますね。
そんなスケールの大きな花火を、家族みんなで体感してみたくなりませんか?

「行ってみたい!」となれば、真っ先に確認したいのが日程や時間でしょう。
そして、よりゆったりと楽しみたいなら、有料席の情報もほしいですよね。
2017年はどうなるのか、リサーチしていまた!

 

 

 

2017年の前橋花火大会はこうなる!

前橋のみならず全国の人々にとって、
とても伝統的な夏の風物詩となっている前橋花火大会。

2017年は、そんな深い伝統を守りつつも、新しいことにもチャレンジするようです。

日程や時間、有料席などの情報とともに、その新しいチャレンジがどんなもので、
前橋花火大会をどんなふうに変えていくのか、考えてみましょう

 

 

前橋花火大会2017日程や時間はどうなるの?

開催日は基本的に、8月の第2土曜日と決まっています。
そして、今年の開催日も、すでに「8月12日(土)」と発表されています。
(雨天時は13日(日)に順延されます)

大まかな時間も発表されていていますね。

19:00~開会式
19:15~20:45花火の打ち上げ

さて、具体的なプログラムはどうなるのでしょうか。

昨年の前橋花火大会は、1時間半にわたって
約15,000発の花火が打ち上げられました。

開催日も、すでに「8月13日(土)」と発表されています。
※イメージ画像です。

「前橋の四季」という名のプログラムから打ち上げがスタートし、
中盤に「空中ナイアガラ」、終盤に「虹のナイアガラ」という風に、
例年目玉となっている花火が登場しました。

そして、「銀河浪漫(グランドフィナーレ)」で幕を閉じています。
最初から最後まで飽きさせない、そんなプログラム構成になっているのがわかります。

2017年は、ここに新たなチャレンジが加わってきますよ!
それによって、プログラムは変わってくることになりそうです。

 

 

 

2017年の前橋花火大会は何が違うの?

2017年の前橋花火大会は、記念すべき60回目の節目となります。
これを機に、協賛の方法を大きく変えます。

これまで各花火ごとに協賛を募っていたのを、
花火大会全体への協賛を募るスタイルに変更しました。

これによって、大会全体に一貫したテーマ性を持たせ、
例年以上に盛大な「魅せる花火大会」を目指しているんですね。

おそらく、「空中ナイアガラ」「虹のナイアガラ」などの
人気の高いプログラムについては、その伝統が守られるでしょう。

しかし、大会のスタイルが変わることによって、
新たな目玉花火が登場する可能性も考えられます!

2017年の前橋花火大会は、記念すべき60回目の節目となります。

2017年に関しては、「第1回世界Web花火大会in前橋」
同時開催されるのです。

 

これは、専用ソフトで作られたCGの花火を世界中から募集し、
Webサイト上でその人気投票を行い、
優勝作品を現実の花火として打ち上げるという試みです。

WEB花火大会はこんな感じ↑
想像以上にリアルですし「上げて欲しな」とう花火もありますね^^

なんとその第1回の優勝作品が、前橋花火大会で打ち上げられるというのです。

これらのことから、2017年の前橋花火大会は、
例年以上の盛り上がりを見せる可能性が高いと言えるでしょう!

プログラムのどのあたりに、新たなチャレンジが散りばめられるのでしょうか。
ぜひ注目したいポイントですね!

 

 

 

板橋花火大会を有料席で、より楽しみたい!

前橋花火大会では、毎年有料観覧席エリアが設置されています。

人混みを避けてゆったりと、より近い距離で花火を楽しむには、
有料観覧席がおすすめです。

昨年は、テーブル席が1台15,000円、
イス席が2,500円で販売されていました。

テーブル席が1台15,000円イス席が2,500円で販売されていました。

板橋花火大会を有料席の様子
出典:板橋商工会議所

また、事前販売は6月15日から開始していました。
(約2か月前から販売を開始するようなので、今年もそろそろでしょうね。)
このあたりは、昨年と大きな変化はなさそうです。

しかし、今年は見どころが増えそうなため、
例年以上に有料席の売り切れも早いかもしれません!

当日券も一応ありますが、
やはり事前販売で早めに席を確保してしまう方が確実でしょう。

 

 

 

花火大会観覧時の注意点

やはり盛大なイベントだけあって、当日会場周辺は交通規制が多くなります。

また、無料駐車場はかなり多く用意されているのですが(昨年は6300台でした)、
それも例年早い時間に満車になってしまうようです。

そして、見どころが増える今年は、例年以上に混雑する可能性も考えられます。

そのため、会場へ向かうには、
自家用車よりも公共交通機関の利用が安心かもしれませんね。

アクセスは自家用車よりも公共交通機関の利用が安心かもしれませんね。

当日は、前橋駅から臨時バスも出るので、そちらを利用してもよいでしょう。

臨時バスの詳細情報
周辺駐車場の詳細情報

 

 

 

前橋花火大会2017まとめ

前橋花火大会は、終戦直後から現在まで脈々と歴史を受け継いできた、
伝統ある花火大会です。
そして、その迫力の大きさから、全国的に高い人気を誇ってきました。

2017年は是非、前橋花火大会をご観覧されてはいかがでしょうか?
そして、そこで感動的な家族の思い出ができたら嬉しいですよね。

生まれ変わった前橋花火大会が、どのように見る者の心を魅了してくれるのか、
本番を楽しみに待ってみましょう?

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る