いたばし花火大会2016へ行こう!日程/場所取り/穴場/有料席案内

スポンサーリンク

いたばし花火大会2016日程・穴場場所・有料席

1+1=2、1×1=1、小学校の算数では当たり前ですが、
現実には必ずもこうならない嬉しい誤算があります。
良く耳にする”相乗効果”というものです。
エンターテイメントで例えるならコラボレーションですね。

そうそう、コラボと言えばあの花火大会なんかもそうですね^^

いたばし花火大会!

いたばし花火大会 2016年8月6日に開催予定
出典:いたばし花火大会公式サイト

2016年8月6日に開催予定の「いたばし花火大会」は
まさにコラボが売りの大会なんです。
対岸で同時開催される戸田橋花火大会との共演!

つまり、一度で2つの花火大会が楽しめるんですね。
しかも、互いが連携すること(コラボ)で、より効果的な演出に^^

 

ただ、全国的にも珍しいコラボ花火大会ですから、
誰でも見たい!と思う訳で…来場者数もスゴイです。

なので、打ち上げ場所の確認に場所取りに関する情報は、
きっちり把握してないと、残念な結果になるやも知れません。

 

打ち上げ場所の確認に場所取りに関する情報

しかし、折角このページへお越しいただいたアナタには、
そんな思いはして欲しくありませんし、させません!

場所取りに備えていただく為の正確な情報、
そして、万が一良い場所が見つからなかった場合のために、
とっておきの穴場スポットもご紹介していきますので、
安心してゆっくりご覧になってください。

 


スポンサーリンク

 

いたばし花火大会2016 日程と開催場所

第56回いたばし花火大会

開催日時:2016年8月6日(土)
19時~20時30分
荒天の場合小雨決行(荒天時は2016年8/7(日)に延期)
開催場所:荒川戸田橋上流板橋側河川敷
約1万1000発(戸田市と合わせて)
昨年来場者数50万人以上
最寄り駅は都営三田線の高島平が便利
あるいはJR埼京線浮間舟渡駅から徒歩30分
いたばし花火大会公式サイト

 

いたばし花火大会と言えば、
尺5寸玉や700mに及ぶ関東最長級のナイアガラが有名ですが、
国際光年記念プログラムとして妖怪ウォッチ花火も登場!!

国際光年記念プログラムとして妖怪ウォッチ花火も登場!!

 

ついでに、戸田橋花火大会の方もざっくりご紹介します。

第62回戸田橋花火大会
開催日時:いたばし花火大会と同じ!
開催場所:埼玉県戸田市 荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷
昨年来場者数40万人以上
最寄駅 JR埼京線戸田公園駅
戸田橋花火大会公式サイト

打ち上げ場所は荒川の河川敷!すごいわかりやすいですよね。
来場者はあわせて100万人近くになると予想されています。

 

 

 

いたばし花火大会観覧スポットと場所取り

まずは、いたばし花火大会公式サイトの公開資料となる
下記の会場MAPをご覧ください。

会場MAP
※画像クリックで拡大

やはり、目の前で花火見物を楽しみたいなら、河川敷で観るの一番です。

河川敷では1~17までの見物場所(エリア)が用意されています。
この内、自由に席がとれる無料の見物場所は、
1~4・14~17の場所とその下(川側)広場・野球場です。
MAP内の黄色枠が一般席の無料見物場所になります。

ただ、MAPからご覧いただけるように、
有料席・有料指定席に隣接する絶好の見物場所ですから、
その分、場所取りは熾烈を極めると思っていてください。

 

で、その場所取りですが、
板橋の花火大会では前乗りで場所取りすることはできません。
仮にシートなどを敷いても撤去&返却不可(処分されます)

場所取りが可能なのは、「当日の朝より」とされています。
コノ「当日の朝より」というのが重要になってきますね。

特に、四名1組28,000円の陸上競技場テーブル付席の
スグ西側に位置する、芝生広場の東側は、
ナイアガラの近くで見える、最上級の無料エリアと言えますから、
日の出前からスタンバっとく位の気合が必要になります。

花火大会の場所取り風景

ただ、こうした場所どりはやっぱり地元の方の手引がないと、
色々と難しい気がしますし、それで体調を崩してもアレなんで、
2016年に初めていたばし花火大会を見物に来られる方、

特に家族連れで楽しみたいよって方は、
やっぱり、無難に有料席でご覧になった方がいいと思います。

 

 

 

いたばし花火大会有料席ってどんな?

50万人を超える来場者を集める花火大会ですから、
やはり相当な人数の方が有料席を求められると思います。

有料席といえど、確実に購入予定であれば、
開始同時に申し込むのが鉄則、残り物に福はない!

会場MAP
※クリックで拡大

 

先程の一般席(無料見物席)と逆の説明になるだけなんですが、
黄色枠以外のカラー枠が有料席となります。
但し、8、9の場所は招待席となりますのでこちらの席は購入できません。

有料指定席は、S席A席など全席指定席なので、
場所取りの必要はありません。

他にグループ席もありますが、こちらもエリア指定になります。

 

有料席の種類

陸上競技場:テーブル付席、イス席、グループ席
S席:スタンド席、シート敷グループ席
A席:スタンド席、シート敷グループ席、芝生斜面グループ席、ボックス・スタンド席
B席:スタンド席

値段などの詳細表はこちらから⇒有料席の種類と価格

少し外側に位置しますが、B席の価格はお値打ちです。
但し、他の有料席と比べ準備数が少ないのご注意ください。

 

 

有料席販売開始と購入方法

いたばし花火大会2016の有料席の一般販売は、
2016年6月25日(土)より開始されます。

ご購入は以下の何れか、、

セブンイレブン:24時間
サークルKサンクス:5:30~2:00
チケットぴあ(ネット購入):24時間
板橋区観光協会窓口:平日9:00~17:00

※各購入とも6/25(土)は10時からの販売です。
※有料指定席お求めの際は以下のPコードが必要です。
Pコード:******

いたばし花火大会の有料席案内方法はいいですよね。
どの席がどんな感じの席なのかが、初めての方でもイメージできる点。
こちらを見ると良く分かります。

 

 

有料席には先行販売があります!

いたばし花火大会の有料席をお求めになられる方の多くは、
6/25の販売開始時刻となる10時に一斉にご注文されます。

場所取りの苦労を避けたい人は大勢いますから、
どうしても河川敷から見物したいと考える方々は、
我先に指定席を購入するんですね。

しかし、そこは50万人を超える人出が集まる人気花火大会。
即アクションを起こしても不安材料は少なくありません!

そんな方にオススメしたいのが、
一般販売前に有料席がお求めいただける『先行販売』です。

2016年の先行販売は、
平成28年6月11日(土)~6月17日(金)
詳細⇒http://itabashi-kanko.jp/info/entry-277.html

同じS指定席でも招待席に近い中央よりの席は、
席指定はできないと言われながらも、普通に考えると、
一般より先行販売の方が良さそうな気もします…

 

 

会場へのアクセスMAP

花火会場へのアクセスMAP
※画像クリック拡大 (資料参照元:公式サイトPDF公開資料より)

JR埼京線の浮間舟渡駅
都営三田線の蓮根か西台か高島平駅
どこの駅でも徒歩で30分ぐらい目安で会場入りできます。
ひたすら荒川(土手)に向かって歩けば会場へ!

※当日は交通規制が敷かれるのお車での移動にはご注意を!

 

 

いたばし花火大会裏話

少し余談ですが…

今でこそ、こうして対岸の埼玉県とコラボでイベント開催していますが、
この板橋の地域は花火に至るまでは埼玉県ともめたことがありました。

板橋の地域は花火に至るまでは埼玉県ともめたことがありました

県境とするに都合の良かった荒川ですが、
対岸する場所に何故か板橋区が入ってしまっていたのです。(飛び地)
詳しい話は分かりませんけど…^^;

それが原因となり埼玉県と確執に発展するのですが、

ここで、何とか解決しましょうよと板橋側が頑張ります。
話し合いの元、飛び地を埼玉に譲渡するんですね。

気をよくした埼玉側は花火でお返しを…
これが、コラボ花火大会のルーツになります。

東京都では規制により大玉がNGなのですが、埼玉側OK!
こうした利もこの花火大会には生かされています。

 

 

 

いたばし花火大会の穴場、こっそりを教えます!

この花火大会、見物慣れした人は割りと車で出かけます。
え?だって駐車禁止って…

ところが、これもコラボの恩恵なんですね。
目指すは埼玉県!といっても橋を渡ればさいたま入りです^^;

橋を渡って埼玉側の河川敷へ…ではなく!
しれーと通過しまして、あるビルを目指します^^

 

穴場1:イトーヨーカ堂錦町店の屋上

東京から抜け出すのに通った国道17線をそのまま蕨方面へ直進。
目的地はイトーヨーカドー堂錦町店!
屋上が無料開放され、そこからバッチリ花火が堪能できます。

会場からわずか五キロ程度ですから。良く見えます!
あナイアガラだって観ることができます^^

ちょっとお腹が空いた…、喉が渇いた…て時は、
降りてスグに買い物にいけるのもいいですね。トイレもあるし^^
河川敷の蚊心配だってありません。帰りの混雑関係なーい。

 

穴場2:北戸田イオンの屋上駐車場

東京外環道沿い戸田東付近にあるショッピングモール。
こちらも屋上から花火見物ができます。
イトーヨーカ堂より2キロ程離れますがそれでも花火は楽しめます。

こちらのメリットもまず買い物やトイレですね。
帰りは高速道路をつかってすーいすい!とても便利なのも◎!

 

上記は埼玉側の穴場になりますが、板橋区側にも
会場近くには、ダイエーや松坂屋などの商業施設がありますし、
高層の団地からも花火は見物できそうな感じはします。(未確認)

意外と簡単に穴場が見つかるかも・・・

また、元々の場所が割りと外から見物に向いていますので、
河川敷内以外なら、周囲に公園も多いです。

近隣の立地を見た限りでは、特別な施設内でなくても
穴場スポットは見つかりそうな気がしますね。

打ち上げ会場からそう遠くない方は、
一度下見にお出かけになれば、意外と簡単に穴場が見つかるかも・・・

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る