小学校の卒業式 親御さんの服装《5原則》 外せないポイント!

スポンサーリンク

小学校の卒業式 親に相応しい服装のポイント…

小学校の卒業を迎える子供さんのいらっしゃる親御さんは、
子供の服選びに一生懸命な時期ですよね^^

でも、ご自分の服装は大丈夫でしょうか?

卒業式の主役となる子供さんの服装は勿論大事ですが、
保護者となる親の服装にも気を配らないと、
子供が恥をかく結果と成りかねませんよ。。

小学6年生の保護者にとっては、3月にある卒業式は
小学校生活の集大成としてとても重要な意味を持ちますね。

お子さんのファッションやヘアスタイルなどをサポートをするだけでなく、
ご自身の服装にも気を配らないといけません。

ママ友と言われる友達も多い小学校の卒業式なので、
おかしな恰好は徹底的に避けたいもの^^;

主役である子供たちを大いに引き立てつつ、
卒業式というおめでたい席にふさわしい、親
としても恥ずかしくない服装をしたいものですね。

そんな卒業生の保護者の服装でおさえておきたいポイントをご紹介します。

 


スポンサーリンク

 

小学校の卒業 親の服装5原則?

1.子供より目立たない

当たり前のことですが、小学校の卒業式の主役は子供たちです。
そんな中で保護者が張り切って子供たちよりも目立つ服装をしてくるのは、
完全なマナー違反!

親の洋服は、基本的にはブラックやベージュ、ネイビーやグレーなどの
落ち着いたモノトーン系が定番です。

 

 

2.父親の服装は?

父親の場合は、普段からスーツを着用している方が多いので、
それほど奇抜な恰好をしてくる方はあまりいませんが、
気を付けたいのが体型の変化です。

知らない間に太ってしまって、久しぶりにフォーマルを出して来たら
きつくてパツンパツンだったり、逆にぶかぶかだったりすると、
お子さんがとても恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

ダイエットをするなり新調するなり、
卒業式当日にピシっと決まるデザイン・サイズのフォーマルを用意しましょう。
ネクタイはシルバーが定番です。

 

 

3.母親の服装は?

スーツは短すぎないフレアスカート、長すぎないロングスカート、
パンツなど形は人によってさまざまなので、
自分にとって一番良いデザインを選ぶのがおすすめです。
最近では、脚長効果が高いハイウェストのデザインを着用する方が多いです。

母親の場合、
華やかな場だからとアクセサリーをじゃらじゃらとつけてくる方もいますが、
シンプルで上品な真珠のネックレスや淡いきれいな色のコサージュだけで
十分美しいので、ほどほどにしておくのが無難です。
またメイクも派手なものはNG。
服装がベーシックなので、ナチュラルメイクを心がけると
顔だけ浮いてしまうことがありませんよ。

 

 

4.コートも手ぬかりなく

3月という最も寒い時期に行われる卒業式にコートは欠かせませんね。
コートも卒業式に持ち込むケースが多いので、
ベーシックな色の上質感のある素材を使ったコートがおすすめです。

また、父親の靴は黒の革靴、母親の靴はパンプス、
バッグはスーツの色に合わせて光沢があるものなどが高級感があってよいですね。

 

 

5.着物でかっちり

最近は、お子さんの門出をお祝いしてあげようと
着物をきっちり着こなして出席する素敵な母親も増えてきました。
わたしの周囲でも、朝早くから美容室を予約して着付けとヘアセットをしてもらって
出席された方が何人もいました。

いつもと違うお母さんにお子さんも嬉しそうだったので、
着物での出席も小学校の卒業式の親の服装としては良いですね。

 

 

卒業式に出席する保護者の服装で押さえておきたいポイントをご紹介しました。

お子さんと一緒に卒業式後に記念撮影するなど意外と保護者の出番も多く、
手を抜いたスタイルではお子さんもがっかりしてしまいます。

無理して高額な服装をする必要はありませんが、
マナーと基本を押さえた卒業式にふさわしいトータルコーディネートを心がけましょう。
そして子供が自慢したくなるような出で立ちで、卒業式を心からお祝いしてあげましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エアコンの効いた室内でのんびり読書

コミック無料読み放題

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る