ふたご座流星群 2013年 極大日と時刻 東京、大阪 観測の方向

スポンサーリンク

ふたご座流星群 2013年 方向

間もなく、ふたご座流星群による真冬の天体ショー2013が開演します!

ふたご座の流星群活動は、
毎年12月7日~12月17日あたりに観測できます。
今年のピークは2013年12月14日(土)の15時頃で、
最も多くの流星が現れます。

このピークを極大日、ピーク時間を極大時刻という訳ですが、

残念ながら2013年は極大時刻が真昼間なので、
最高潮の瞬間は見れません(-“-;

 

cosmo

 

それでも、
前後半日ぐらいの間なら流星は観測できるそうなので
14日の明け方前(4時前後)か、夜半過ぎなら
その片鱗ぐらいは目撃することが叶いそうです。

但し、12月は17日が満月になりますので、
14日の夜の方が、月明かりの関係もあって条件は悪そうです。

 

どうしても最高の条件で観たいって方は、
北アメリカ、中南米なら真夜中になりますけど、、

 


スポンサーリンク

 

ふたご座流星群の方角・方向(方位)

futagozaryuuseigun
出典:国立天文台 ほしぞら情報

この時期のふたご座は、略東の方向に位置します。

上の画像は東京からのものになりますが、大阪でもほとんど同じ
というか、全国北南それほど大きな差はありません。

 

探し方としては、ふたご座より見つけやすい
オリオン座を探して、そこから視線を少し左にズラした方してください。
直ぐ近くに割と明るい二つの星が見つけられる筈です。

それがふたご座のポルックスとカストル、明るい方が1等星のポルックスです。
宜しければ、お子さんに教えてあげてください。

これが切欠で将来は宇宙飛行士ヽ(=´▽`=)ノ by 宇宙兄妹

 

 

もしオリオン座もふたご座も見つけられない場合は、
とりあえず東の方角(方位)を向いて、
少し首が疲れるぐらい顔をあげて、10分ぐらい見上げていてください。

一応視界には入っている筈なので、、
5分間では流星活動がない場合もあるので最低10分間です(゚∇^*)

 

今更ながらですが、宇宙の広さってとんでもないですよね。
ふたご座のM35(散開星団)まで地球から2800光年あるそうです。
光の速さで進んで2800年・・・

ちなみに、大マゼラン星雲のイスカンダルは地球から14万8千光年
ヤマトはよく辿りついたものだ・・・

 

 

 

当日の観測時にはくれぐれも防寒対策をお願いしますね。
年末前の大切な時期に風邪でもひかれた大変ですから、、

今年は余り条件が良くないので、最悪観られないこともあり得ます。
でも、ふたご座流星群は何十年に1度という訳ではなく、毎年観る機会があります。
また条件が良い的に観測すれば宜しいと思いますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る