神戸まつり2017 注目のサンバと花火の日程はこれだ!

スポンサーリンク

神戸まつり2017 サンバと花火の日程 オマケに穴場情報も…

神戸まつりといえば、昭和46年から始まっている、
とても歴史のあるお祭りです。
あのディズニーキャラも参加した時もありました。

兵庫県で最大のお祭りとしても有名だし、
毎年来られている方も多いのではないでしょうか。

そんな神戸まつりの目玉といえば、
なんと言ってもサンバ、そして花火大会です!

神戸まつり2017 サンバの日程

神戸まつりでは、
夏より早く打ち上げ花火が見られちゃうんですよ。

 

しかしどちらも人気なイベントだから、
見るだけで大変だったりします・・・。

ですが、これから紹介する穴場スポットなら
サンバも花火もよく見られること間違いなし!

今年は穴場スポットで、
全てのイベントを楽しんでみては如何でしょうか?

 


スポンサーリンク

 

神戸まつり2017をもっと楽しむ為に!

☆サンバと花火のお得な情報☆

まずは神戸まつりの花形とも言える
サンバカーニバルの情報からです。

あのブラジルのリオデジャネイロが
神戸の姉妹都市になっていることから、
神戸サンバチームの本格的なサンバが楽しめそうです。

前にあちらのサンバプロを呼んで
カーニバルを行ったことがあるらしいですが、
今年はどうなんでしょう、楽しみですね♪

 

今年のサンバは5/15(日)!

神戸まつり2017のサンバカーニバルの日程は、
5月21日(日)になります。

日曜日なんで激混みが予想されますね・・・。

場所は、神戸市中央区京町にある京町筋。
「サンバストリート」と呼ばれる
この場所でだけサンバが見られます。

時間は12時~16時半まで。

 

電車でのアクセスだと、最寄駅は三宮・花時計前駅っていう
ちょっとおしゃれな駅になります♪

因みに路線は地下鉄海岸線だけになるので、
満員電車必須かも・・・。

車で行きたい方もいると思いますが、
沢山の車が止められる三宮の駐車場で留めることをおすすめします!

料金は最高で2,000円くらいと割高になりますが、
留めやすさはここが1番です。

この駐車場も同じ三宮・花時計前駅付近にあるので、
探しやすいはずです。

 

 

 

サンバの穴場スポットは銀行前?!

さて、サンバの穴場スポットですが・・・、
そこは何と銀行の前なんです!!

山陰合同銀行神戸支店前が、言わずと知れた穴場スポットのようで
毎年カメラ小僧も沢山いるのだとか。

何時間も前から場所取りしている気合の入った方もいるので、
穴場といっても早めの場所取りが肝心になりそうです。

因みに車からの見物はイベントの邪魔になるかもなので
控えましょうね。

 

それでは次は、花火のついてのお得情報をご紹介します!

神戸まつりに花火なんてあったっけ?
って思われた方、実はあるんです。
まつり唯一の花火が!

と言っても打ち上げ花火ではなく、
下から吹き出す形の花火がメインなので、
場所取りが肝心になってくるかもですね。

紹介する穴場スポットで、フィナーレの花火を楽しんでください!

 

 

まつり唯一の花火は須磨離宮公園イベントで!

神戸祭の花火というのはサンバとはまた別のイベントで、
須磨離宮公園で開催される「須磨音楽の森」のフィナーレで
行われるものなんです。

 

地図でお分かりのとおり、サンバ会場の最寄駅である
三宮・花時計前駅からはけっこう離れています^^;

じゃ混みこみで行くの大変じゃん・・・
てなりますが、ご心配無用!

なんせこのお祭り「須磨音楽の森」の日程は、
サンバの前日である5/20日(土)にあるからです。
前夜祭みたいなものなのでしょう。

まだ今年の正確な時間は分かりませんが、
去年では19時半から19時45分の15分間で、
イベントのフィナーレを花火で飾ったそうです。

 

イベント内容は音楽の森と言っているだけあって、
ステージでは音楽系のイベントが目白押しになりそうです。

今年も須磨区のマスコットキャラクター、
うみぼうずをモデルにした可愛い「すまぼう」くんの
ダンスがステージで見られるかも♪

因みに時間は11時から20時まで。
入園料はこの日だけ無料になるのでお得ですよ。

 

 

アクセス方法は一杯?!

この須磨離宮公園に行くアクセスは、
結構いろんな方法があるみたいです。

まずは電車やバスを使ったアクセスですが、
電車だけで行くなら、山陽電車の
「月見山駅」「須磨寺駅」「東須磨駅」が
最寄駅となっています。

でもどれも徒歩10分かかるようなので、あまりおすすめしません・・・。

 

そこでおすすめなのが、電車とバスを使う方法。

まずはJR「須磨駅」、山陽電車の「山陽須磨」で路線バスに乗り
「離宮公園前」まで行く方法です。

バスから降りれば徒歩2分と、すぐ公園に着きます。

 

もう一つは、神戸市営地下鉄「妙法寺駅」から
路線バスで行く方法です。

こっちは「こども病院前」という駅で降ります。
公園まで徒歩4分くらいになりますが、全然問題ない時間でしょう。

 

最後は車でのアクセスですが、
須磨離宮公園駐車場があるのですが、収容台数が300台もないので
出遅れた方は留められない可能性があるかも・・・。

料金は1日1回で500円となっています。

ですが、ここでも1,000台以上が収容できる、
三宮の駐車場を利用したほうがいいかもしれませんね。

 

 

花火の穴場スポットは月見山休憩所?!

実はこのお祭りの花火の穴場スポットは、
殆ど紹介されていなかったりします・・・。
写真は一杯出ているのに、です。

そこで、花火の写真を見ながら
園内で良さそうなところがないか探してみました。

 

そして有力そうな場所がありましたよ!
それが「月見台休憩所」です!

 

 

須磨離宮公園マップ
出典:須磨離宮公園マップ

 

花火が上がる噴水広場から斜めの位置にあるんですが、
ここは月見の名所とも呼ばれていて、とても眺めがいいのだそう。

ということは、花火もよく見えますよね!?

写真を見る限り花火の周りに人が殺到しているので、
ちょっと離れたここは、穴場と言えるかもしれません。

他にも、園内で上から見渡せる場所があるなら要チェックですね。

 

 

神戸まつり2017は、サンバや花火以外にも
イベントが沢山行われます。
※一部昨年の日程

因みにメインイベントはサンバがある5/21日、
各区のお祭りは5/20日に行われます。
更に4/5から5/10までは、サンバ教室がやっているので
参加してみたらいかがでしょうか?

これ以外にも須磨沖をメインに、
5/8日には神戸港カッターレースとヨットレース、
15日にはクルーザーレースが開催されます。

13日には神戸文化ホールでKOBE合唱フェスティバル、
神戸海洋博物館で港の行事が行われます。

どれも楽しみな神戸まつり
皆さんも楽しんでくださいね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る