九十九里浜 無料で潮干狩りが出来る場所はある 穴場は?

スポンサーリンク

潮干狩り 九十九里 無料 穴場

春~夏頃に、天気の良い休日に楽しみたいレジャーとして、
潮干狩りは人気が高いですよね。

貝を掘るだけでなく、海や砂遊びも出来るとあって、
子供だけでなく、大人も楽しめますから、家族で行くにもピッタリで、
「今年の春のレジャーは、みんなで潮干狩りに行こう!」
今からワクワクしながら予定を考えているファミリーも多いのではないでしょうか。

そして、春に潮干狩りに行きたい~と今から考えている方の中には
せっかくなら、景色の良いビーチがいいなと思っている方もいるでしょう。

九十九里浜 無料で潮干狩りが出来る場所はある 穴場は?

たとえば、海水浴場としても人気の高い、九十九里浜とかです。

九十九里浜は、都心からも訪れやすく、また美味しいハマグリが有名ですし、
それが、砂浜を掘って自分の手で採れたら、とっても嬉しいですよね。

そこで、今回は、九十九里浜で潮干狩りが出来る場所はどこか、
無料でできる穴場はないのか、などについて調べてみました。
春に潮干狩りに行きたいな~と思っている方、参考にしてみてくださいね。

 


スポンサーリンク

 

九十九里浜で潮干狩りができる場所は?

九十九里浜で潮干狩りが出来る場所は無いか、
そして、出来れば無料で出来る穴場は無いのか、と探してみたところ…

なんと、現在、
九十九里浜全域(旭市、匝瑳市、横芝光町、山武市、九十九里町、
大網白里町、白子町、長生村、一宮町)において、
潮干狩りは全面禁止 とされていました。

つまり、九十九里浜では、有料無料問わず、潮干狩りが出来ません!
(勝手に採ると、見回りの方に叱られますし、密漁になります。)

九十九里浜では、有料無料問わず、潮干狩りが出来ません!

これは、近年の環境の変化や自然災害に加えて、
九十九里での無権利者による無作為な採捕(=潮干狩り)が
貝の生息量や成長、そして漁獲量に影響を及ぼすようになり、
それが地元で漁業を営む方々の間で、かなり深刻な問題になって、
結果として、潮干狩りが禁止されることになったのだそうです。

現在は、稚貝を放流し、各漁協や各市町村の環境課が協力しあって
潮干狩り禁止の看板を立てたり、見回りを実施したり、
環境の改善を図る努力をしている最中です。

九十九里浜で潮干狩りが出来なくなったのは残念ですが、
こういう事情なら仕方ないですよね。

 

 

 

千葉県内で無料で潮干狩りができるのは?

現在、九十九里浜での潮干狩りは残念ながら出来ませんが、
千葉県内で、他に、ちゃんと許可されて、潮干狩りが出来る、
無料の潮干狩りスポットを探してみたところ、一カ所だけありました!

 

千葉ポートパーク

千葉ポートパークとは、千葉港にあるウォーターパークです。
パーク内にある、長さ590メートルの人工海浜「ビーチプラザ」にて、
無料の潮干狩りが楽しめます。

ここの良い所は、潮干狩りが無料なだけでなく、
入場料も、駐車料金も無料なんです。
ですので、家族で気軽に車で出かけることが出来るのが嬉しいですよね。

ちなみに、ここでは、アサリや、ホンビノス貝などが採れますよ。
ホンビノス貝ってあまり聞き慣れない名前の貝ですが、もとは外来種で、
千葉で発見されてから増えてきている貝なんです。

千葉ポートパーク

見た目はハマグリに似ていて大きく、
美味しいダシが出るので、アメリカではクラムチャウダーに良く使われます。

また、これは有料ではありますが、機材のレンタルや食材の購入をして、
バーベキューを楽しむこともできるので、
潮干狩りに飽きたり疲れたりしても、他の楽しみ方ができるのも、
千葉ポートパークの潮干狩りのおすすめポイントです。
採った貝をバーベキューで使う、なんてのも、美味しくて楽しくて、いいですね。

住所:千葉市中央区中央港1丁目
アクセス:JR京葉線・千葉都市モノレール『千葉みなと駅』下車 徒歩10分
→公式サイト:http://chiba-portpark.com/

 

 

 

千葉県内の有料潮干狩りおすすめ穴場スポット

「無料で出来る場所一カ所だけでは選択肢が無くて物足りないな~」
という方も居ますよね、やっぱり^^;

そういう方には、有料の潮干狩りスポットも、
選択肢に入れてみることを、おすすめします。

シャワーや売店などが充実していたり、貝の種類が多かったり、
また貝も養殖して育てているため、無料スポットよりもザクザク採りやすいなど
有料潮干狩り場ならではの安定感や良さがありますよ。
いくつか、千葉県内のおすすめ潮干狩り穴場スポットをご紹介しますね。

千葉県内のおすすめ潮干狩り穴場スポットをご紹介しますね。

 

牛込海岸

アクアライン木更津金田ICから車で5分で、駐車場も無料な、
車で行かれる方には便利で嬉しい、穴場の潮干狩りスポットです。

ここは、主に採れるのはアサリですが、
それ以外にも、アオヤギ貝(ばか貝)、ツメタ貝、ニシ貝なども採れ
種類が多いので、貝を掘るのも楽しいです。

また、休憩施設や食堂、売店などもありますので、
子連れやファミリーでも安心して行くことができますよ。

潮干狩り期間は、下部にざっくり3月28日~と書きましたが、
公式サイト内の潮見表にて、細かく営業日と時間、休業日がわかりますので
実際に行かれる方は、必ずそちらをチェックしてくださいね。
また潮見表も要確認です→千葉県県内の潮見表カレンダー

ですが、潮見表は予測値ですので変動の可能性もあります!

料金:大人1,600円(採貝量2kgまで)、子供800円(採貝量1kgまで)
潮干狩り期間:2017年3月28日~7月27日
住所:千葉県木更津市牛込752-2
アクセス:JR内房線 袖ヶ浦駅よりタクシー
公式サイト

 

 

ふなばし三番瀬海浜公園

都心から一番近い潮干狩り場所として、親しまれている海浜です。
貝は、主にアサリが採れます。

ここの良さは、なんといっても料金の安さ!
入場料の他に持ち帰り料金がかかりますが、
「幼い子と海遊びメインで行くし、貝はそんなに採れなそう…」という方には
入場料金安めで、持ち帰り別途料金の方が安く済むので、
特におすすめなんです。

また、公園内にはレストランや売店、芝生公園もありますから、
潮干狩りに疲れたら、公園でお弁当を食べながら休んだり、
一日のんびりと、楽しめますよ。

ちなみに、都心から近いだけあって、土日は混雑しますから
行くなら平日が、おすすめです。

料金:大人430円、子供210円、持ち帰り料金は別途100gにつき80円
潮干狩り期間:2017年4月9日~6月11日
住所:千葉県船橋市潮見町40
アクセス:JR船橋駅南口、
京葉線二俣新町駅より京成バスシステム「船橋海浜公園」行き終点下車
公式サイト

 

 

江川海岸

ここは、「なるべく空いている場所で潮干狩りがしたい~」という方に
特におすすめな、潮干狩り穴場スポットです。

何故空いているかというと、潮干狩りできる場所が海岸から少し離れており、
徒歩または船での移動が必要だからです。
ちなみに、船は渡船料(片道大人200円、子供100円)が掛かりますが
移動が楽ですし、またちょっとした冒険気分も味わえて楽しいですよ。

貝は、主にアサリやアオヤギなどが採れますが、
黄金のハマグリを探すイベントもあり、見つけると美味しい焼海苔が貰えます。
宝探し気分で貝が掘れて、ワクワク感も増しますね!

なお、無料の更衣室と砂抜き海水、有料の休憩所とコインロッカーがあるので
着替えや荷物預けも安心して行えますよ。

料金:大人1,600円(採貝量2kgまで)、子供800円(採貝量1kgまで)
潮干狩り期間:2017年3月28日~8月11日
住所:千葉県木更津市江川576-6
アクセス:内房線岩根駅下車、タクシーで約6分
公式サイト

 

 

以上、九十九里浜での潮干狩りは残念ながら出来ないという話や、
千葉県内の無料潮干狩りスポット、有料のおすすめ穴場潮干狩りスポット、
などについてのご紹介でした。

この春の、家族でのお出かけの予定や、
潮干狩り場所探しに、お役立て頂ければ嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る