忘年会の幹事の挨拶や進行順序のポイントは?

スポンサーリンク

忘年会 幹事の挨拶と進行の順番

忘年会のシーズンが近づいてくると、
もっとも大変なのが忘年会に必要不可欠な幹事ですよね。

幹事は、忘年会をスムーズに進行させる
重大な役割を果たさなければなりません。

しかも、立候補と言うのでもなく、
自分がやらなければならないような雰囲気になったり、
突然上司から「幹事をやってくれないか?」

なんて頼まれることもありますよね。

忘年会幹事の役割

こうなった時には当日慌てないように、
そして自信を持って幹事の仕事ができるように、
すぐに進行順序や挨拶の仕方などは、
下調べしておいた方が良さそうですね。

では、忘年会の進行順序を見ていきましょう。

 


スポンサーリンク

 

忘年会 幹事の挨拶と進行順序

まず初めに開会の言葉を述べて、
簡単に幹事の自己紹介をして忘年会をスタートします。

次に、上司の挨拶を盛り込んで、乾杯に移ります。
乾杯の時は、参加者全員に飲み物が用意されているかを確認して、
上司に乾杯の音頭をお願いします。

 

その次は、食事と歓談の時間で、
場の雰囲気がある程度落ち着き始めたところで余興を始めます。

最後は、上司に一本締めをお願いして、
閉会の言葉を述べて忘年会を終了します。

簡単な流れとしては、このような感じになります。

①開会の言葉と自己紹介
②上司の挨拶・乾杯
③会食
④余興
⑤一本締め
⑥閉会の言葉

忘年会の進行順番

ただ流れを決めておくだけでは駄目で、
当日は挨拶、乾杯の音頭、一本締めなどを
上司にお願いする場面がありますよね。

誰に何をお願いするのか予め決めておき、
事前にお願いする人の了解を得ておきましょう。

 

そうすれば、
お願いされた人も当日慌てることなく、心の準備ができますよね。
さらに、挨拶、乾杯の音頭、一本締めなどをしてくれる人を紹介する際に、
絶対に失礼があってはいけません。

部署や役職、氏名など間違いが無いように、きちんと把握しておきましょう。

 

 

ところで、ここで「誰に何をお願いしたら良いの?」
と言う方もいるのではないでしょうか。

誰に何をお願いしたら良いの?

 

こんな場合には、
前回幹事を務めた方にアドバイスを貰うと安心かも知れませんね。

必要事項を決めたら、
一度台本を作って何度も見直してみることも大切です。

 

 

この他、幹事として重要なことは、
目上の人に対して正しい敬語を使うこと、細かい部分まで心遣いをすることです。

どんなに台本をきっちり書いていても、
これができていないとがっかりな忘年会になってしまいます。

敬語に関しては、台本を見直しつつネットで下調べをしながら、
司会者の言葉を参考に修正するのが一番かも知れませんね。

心遣いに関しては、
「とにかく目上の人に恥をかかせないように!」
と言うのを頭においておくことです。

目上の人に恥をかかせない

 

幹事としてはスムーズな進行だけでも大変なのに、
注意しなければならないポイントはたくさんありますよね。

でも、このポイントをクリアした忘年会は、きっと素晴らしいものになりますよ。
大変ですが、もう一頑張りしてみてください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る