仮面ライダーゴーストついにキャスト発表!気になる主役俳優は

スポンサーリンク

仮面ライダー ゴースト主役 俳優キャスト

製作発表でも、登場シーンがあるという劇場版仮面ライダードライブが
公開されても、ずっと謎のままだった仮面ライダーゴーストのキャストが、
ついに発表になりましたね。

一体主役はどんな俳優が演じるのか?他のキャストは?と、
発表されるのを今か今かと待っていた方も多いのではないでしょうか。

仮面ライダーゴーストついにキャスト発表!

ドライブの映画では少しだけの登場だったようですが、とてもかっこ良かったと
好評だったゴーストなので10月4日からの放送が本当に楽しみですね!

というわけで、
既にあちこちで何かと話題になっている期待の仮面ライダーゴースト、
あらすじや、キャストについて書いていきますね。

 


スポンサーリンク

 

仮面ライダーゴースト あらすじ

今度のライダーのモチーフはゴースト、即ち”おばけ”。
一度命を失った主人公が、
仮面ライダーゴーストに変身する力を手に入れて蘇ります。

しかしゴーストとして蘇る事が出来る命の期限は、たった99日。

自分はまた消えてしまう日が来るのだという不安や、
背負った使命と残された時間の間で葛藤しながらも
彼は手にした眼魂(アイコン)というアイテムとゴーストドライバー(変身ベルト)、
そして眼魂に込められた世界の英雄や偉人の力を武器に戦います。

99日の間に眼魂を15個集めなければ、
ゴーストは完全に生き返る事は出来ません。

同じく眼魂を狙い次々と現れる邪悪な敵を倒し、
無事15個集めきる事ができるのか…?
仮面ライダーゴーストの戦いが始まります。

 

 

 

仮面ライダーゴースト キャスト

西銘 駿(仮面ライダーゴースト/天空寺タケル 役)

命を失った主人公・天空寺タケル/仮面ライダーゴースト役の
西銘 駿(にしめ しゅん)さんは、1998年生まれの17歳。

2014年、高校2年生の時に第27回JUNONスーパーボーイコンテストで
グランプリ獲得した今話題のイケメンです。

今回の仮面ライダーゴーストが初めての主演ということで、
単独主演としては、仮面ライダー電王の佐藤健さんと並ぶ
最年少タイ記録となるようです。

ソフトボール、テニス、サッカーが得意で、
ソフトボールは全国大会にも出場したというスポーツマン。

初めて応募したジュノンスーパーボーイでファイナルまで残り、
出身である沖縄県の民舞エイサーを披露したそう。

西銘 駿という名前は本名だそうで、珍しい苗字も出身の沖縄独特のもので、
名前からして既にかっこいいですよね。

今はまだテレビへの露出も少ないですが、スポーツも踊りも出来て、
可愛さも備えた優しい雰囲気のイケメン、
そして子供たちのヒーロー仮面ライダー役となれば、
今後ますます人気が出そうです。

 

 

大沢ひかる(月村アカリ 役)

タケルの幼馴染で弟のように面倒をみている
ヒロインの月村アカリ役、大沢ひかるさん。

最近ではドラマのデスノートに登場するユニット、
「イチゴBERRY」に所属するアイドル・マコ役や映画進撃の巨人のイブキ役、
ウナコーワクールパンチのCMなどでも活躍しています。

1995年生まれの現在20歳、整った顔立ちで大人っぽい美人の大沢さんですが、
笑顔はとても可愛らしく愛嬌たっぷり。

20歳になったのを機に、大人な女性の役を演じてみたいと語っていた彼女、
今度の月村アカリ役は役柄の設定からするに、少しお姉さん的なヒロインのようなので
主人公の幼馴染という役柄で、どんな顔を見せてくれるのか楽しみですね。

 

 

山本涼介(仮面ライダースペクター/深海マコト 役)

ゴーストドライバーで変身し、タケル同様に眼魂(アイコン)を集める
仮面ライダースペクター/深海マコト役は山本 涼介(やまもと りょうすけ)さん。
1995年生まれの20歳。

2009年に母親が応募した三菱鉛筆「スタイルフィットボーイ・コンテスト」で、
約1500人の中から優勝。

第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストではファイナリストとなりました。
第29回「メンズノンノモデル」オーディションに合格し専属モデルとなり
ファッションモデルとして活動する一方、

花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011 清荒神明役を皮切りに
ドラマや舞台、映画、バラエティなどでも活躍中です。

所属事務所である研音のプロジェクトである
「研音肉体改造部」メンバーの一人であるそうで、服の上からも分かる腹筋が凄い!

今回演じる仮面ライダーは、クールで一匹狼のかっこいい役柄との事。
涼しげな顔立ちが役柄によく合ってそうですよね。

 

 

柳喬之(御成 役)

タケルの成長を見守る大天空寺の住職代理役は柳喬之(やなぎた かゆき)さん。

ゴーストの人物紹介ではお坊さん役ということで坊主頭だったので、
かっこいい渋さも感じたのですが、1990年生まれの25歳でした。

デビューのきっかけは、「gemmy」という、
芸能人になりたい人のためのオーディションサイト・SNSでのオーディションだそうです。

その経緯で相武紗希さんらの所属するボックスコーポレーションに所属し、
舞台、映画、ドラマ、CMなどで活躍中です。

三ツ矢フルーツサイダーのCMでは帰り道の相談に乗るかっこいい先輩役もしています。

今回の仮面ライダー出演は、
シリーズのオーディションを3年受け続けてきて初めて勝ち取った役。

役柄での坊主頭は、カツラではなく自前の坊主頭だそうですよ。気合入ってますね。

 

 

磯村勇斗(アラン 役)

謎の男と行動を共にする、これまた謎多き男アラン役は、
磯村勇斗(いそむら はやと)さん。1992年生まれの22歳。

趣味は写真散歩・ゾンビ映画、特技はバスケットボール・創作料理ということで、
おしゃれな文系男子というイメージですね。

どことなく顔立ちにあどけない雰囲気も残すイケメンで、
ドラマのスケープゴート (wowow) 三崎慧 役などで活躍しています。
2015年9月公開の映画ガールズ・ステップにも池辺保 役で出演。

仮面ライダーゴーストでは、
役柄に関する詳しい設定などは今はまだ何も情報が公開されていませんが
とにかく謎の多い役との事で、どんな登場の仕方や活躍をするのが、
今から本当に楽しみですよね。

 

 

竹中直人(仙人 役)

タケルを生き返らせ、仮面ライダーゴーストとして戦う力を授けた謎の仙人役は、
竹中直人(たけなか なおと)さん。

言わずと知れた、日本を代表する俳優さんの1人ですね。
1956年生まれの59歳。

主な作品は「秀吉」「Shall we ダンス?」「軍師官兵衛」などなど。
俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手、
多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授と、
万能で多彩過ぎる肩書きです。

コミカルな演技からシリアスな演技まで何でもこなせる俳優さんですし、
ベテランならではの重厚感もあり若いキャストが中心の仮面ライダーゴーストにおいて、
竹中さんの存在がドラマに深みや重みを与えてくれるのは間違いないと思います。

ゴーストでは、仙人役。謎の“おっちゃん”との呼ばれ方から、
竹中さんらしい、ちょっとおちゃめな部分もある役かなと予想してます。

 

 

以上、簡単なあらすじと、キャストについて調べてみました。

前作のドライブも大変人気のライダーでしたが、
ゴーストもシリアスな設定やストーリーといい偉人の力を使って戦うという…
かっこいい眼魂設定で、ワクワクさせてくれるヒーロー要素が満載です。
子供は勿論大人も毎週夢中になってしまいそうですよね。

私も10月の放送スタートが今から本当に楽しみです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る