年末調整2017提出期限はいつまで?源泉徴収とは?

スポンサーリンク

年末調整2017提出期限いつまで?

年末といえば…
サラリーマンやOLの方ならおなじみの年末調整がありますよね。

『なんのための書類かよく分からないけれど、
会社から出せと言われるから書いて出している』
…という感じで、
毎年なんとなく済ませている方も多いのではないでしょうか。

2017年の提出期限、把握出来ていますか?

あなたは年末調整の意味や、
2017年の提出期限、把握出来ていますか?

起業して従業員を雇う事業主の立場になった方、
会社で給与計算の担当者になった方などには勿論必須の知識ですが
サラリーマンでも、年末調整について多少の興味をもち理解をしておくと、
所得税や住民税を減らす節税にも繋がりますし、

うっかり提出期限を過ぎて面倒な事にならないためにも、
年末調整について少しだけ調べてみましたよ。

 


スポンサーリンク

 

年末調整2017抑えるべきポイント

年末調整とは?

サラリーマンは給料から毎月、所得税及び復興特別所得税を
天引きされています。これを源泉徴収といいます。

この源泉徴収の合計額が、
本来その人が1年間に納めなければいけない税額と、大抵は一致しません。

それを年末に精算して、1年間の課税対象所得額を決定、
多く税を払い過ぎた分は還付・少ない場合は徴収し、
納税を完結させる仕組みが年末調整です。

 

では何故、源泉徴収と本来払うべき税額が一致しないのでしょうか。

年末調整とは?

源泉徴収税額でも配偶者控除や扶養控除、
社会保険控除などは考慮されていますが、
個人で加入している生命保険や地震保険などは、
年末にならなければ控除証明書を出す事が出来ないので、
毎月の源泉徴収では考慮されません。

また、年の途中で扶養家族が増えた場合も、
年末調整で合わせて控除される仕組みです。

それらの理由で、源泉徴収税額と、本来支払う税額と、
ズレが出てくるわけですね。

 

そこで、年末調整で養っている配偶者やその年収、
子供や高齢の親などの扶養家族、加入している生命保険と
支払額などを記入し申告することによって、
今年1年での正しい控除額・課税対象の所得額・納税額が決定し、
その結果、本来よりも税金を多く払い過ぎていた場合は…

【源泉徴収税額】-【本来納める所得税及び復興特別所得税額】=【差額】
この差額の分が年末調整後の還付で戻ってくるというわけです。

差額が年末調整後の還付で戻ってくるというわけです

例えば、源泉徴収税額が40万円で、本来納める税額が30万円だった場合、
10万円の還付金がもらえます。

給料以外の収入が無く、生命保険などに加入していれば
大抵の方は還付が受けられますし、
控除の申告で課税対象の所得額が下がる事により翌年の住民税も減らせますよ。

ただし、給与が2,000万円を超える方は、年末調整の対象にならないので、
自分で確定申告をする必要があります。

 

 

 

年末調整2017年の提出期限は…

年末調整の最終期限は、法的には1月31日だそうです。
今回は2017年の税金の話ですから、2017年1月31日ですね。

年内最後に支払う給与で企業が年末調整をしますが、
その後訂正事項(控除の申告忘れなど)があった際、
1月31日まで再年末調整が出来ます。

2017年1月31日

ただし、これは企業の納税担当者が税務署に対して行う手続きの期限のこと。

サラリーマンが雇用元の企業に年末調整の紙を提出する期限は、
その会社によってそれぞれ違います。

通常は12月の給料で精算するので、
11月末日くらいまでとしている会社が多いようですが、
あくまでご自身の勤める会社の担当者に確認されるのが良いですよ。

 

また、従業員の多い会社の場合は処理の作業の多さから、
提出期限を早めに設けている場合があり、
添付が必要な生命保険料控除証明書などがまだ家に届いていない、
提出期限に間に合わない…というケースもあります。

提出期限に間に合わない…というケースもあります

そういう時は、せっかくの、申告・提出すると税金が安くなる控除ですので
諦めて空欄で流してしまわず、担当者にその旨伝えて相談してくださいね。

記入だけして控除証明書は後で提出でいいとか、
何か対処法を教えてくれると思います。

 

 

 

会社から提示された提出期限を過ぎてしまったら…

会社で定められた年末調整の提出期限を理由も相談も無く
過ぎてしまった場合…

担当者から「個人で手続きしてください」と言われてしまう事があります。

その場合、個人で年末調整は出来ませんので、
ご自身で確定申告をする事になります。

 

給与以外の収入が無い場合殆どの方は、
納め過ぎの所得税の還付を受けることができる「還付申告」になるので、
2017年1月1日から申告書を提出することができます。

申告書を提出することができます。

 

記入するのは確定申告の用紙です。

必要事項を記入し、会社から渡される源泉徴収票、
生命保険料控除証明書などの必要書類を添付して税務署に提出します。

「確定申告ってなんだかよく分からない!怖い!」という方は、
年末調整の会社への提出期限をきちんと守るようにしましょう…

ちなみに、確定申告の場合、
多額の医療費を使った場合の医療費控除も申請することができます。

これは年末調整では申請が出来ない為、年末調整を提出済の方でも、
医療費控除を申請したい場合は自分で確定申告をする必要があります。

 

 

 

年末調整2017まとめ

いかがでしたか?かなり大まかにではありますが、
年末調整の意味や提出期限について、まとめてみました。

個人事業主の場合は毎年、確定申告の度に経費や控除を計算し、
節税の対策を練ったりするわけですが…

サラリーマンはそういった手続きは全て会社がやってくれますし、
自分で調べようと思わなければ何十年も仕組みを知らないまま、
という方も少なくないと思います。

この記事で書いた生命保険料控除など以外にも、配偶者控除、
扶養控除、地震保険料控除、住宅借入金等特別控除などなど
年末調整で申告すれば所得税が安くなるお得な控除が色々あります。

年末調整で申告すれば所得税が安くなるお得な控除が色々あります。

なんとなく用紙に書いて適当に済ますと、
損をしてしまうかもしれず勿体ないことになるかも知れません。
興味を持たれたこの機会に是非、
国税庁のHPなどで控除の詳細について調べてみてはいかがでしょうか。

国税庁
年末調整

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る