夏のボーナス2016支給時期はいつ?公務員と企業の違いは?

スポンサーリンク

気になるボーナス徹底解剖!2016年の支給時期やアップダウンの実情!!

6月になると楽しみなのが、夏のボーナス!
ボーナスがはいったら何をしようか、今から考えている人も多いですよね!

私は、会社員時代はボーナスが入ると、毎回バッグを買ってました。
欲しいバッグを選んでる間がイチバン楽しいんです♪

 

夏ボーナス,2016 支給額と時期

 

で、ボーナスと言えば気になるのが、金額ともらえる時期。

公務員はいつボーナスをもらうのか知っていますか?
一般企業と公務員では、ボーナスが出る時期も金額も違います。

気になるボーナスについての情報をたっぷりと調べてきましたので、
自分のボーナスや人のボーナス^^;が気になる方、ぜひ参考にご覧ください。

 


スポンサーリンク

 

夏のボーナス 公務員編

まずは、公務員のボーナスからご紹介しましょう。

公務員には国家公務員・地方公務員がありますが、
どちらもボーナスの支給日は一緒で、6月30日です。

これは法律や条例で定められており、毎年変わることはありません。

 

また、最も早くボーナスを受け取るのも公務員の方々ですね。
昔の慣習で公務員が先というのが今も根付いているのが原因のようです。

そして、気になる公務員のボーナスの平均額は・・・

あくまでも予想ですが、
国家公務員の場合は57万8千円と予想されています。

 

公務員の2016年夏のボーナスは大幅アップ?

 

公務員は大幅増という予想結果ですね。
これは公務員の方がうらやましいです(>_<)

この増加率にも驚きますが、
これは特例法による削減措置が終了するためのようです。

 

 

夏のボーナス 一般企業編

一般企業は、
公務員のボーナスが出てからしばらくしてから支給されることがほとんど。
だいたい7月10日前後に支給されることが多いようです。

ちなみに私が所属していた企業はどこも7月10日でした。
最も多いのがこの日付なのかもしれませんね。

 

気になるのが金額ですが、
一般企業の場合は金額を予想するのが難しいですね。

巷のお話によると、かなりざっくりではあるのですが、
大企業は景気回復(?)でボーナスアップ、
中小企業は厳しいので現状維持か減少傾向」 という予想のようです。

大企業の夏ボーナスもとりあえずはアップの様子

 

産業別に全く変わってくるのが一般企業のボーナスです。

特に今年は消費税増税の影響がありますから、
直接影響を受ける産業では減少が予想されますね(≧σ≦)

 

 

夏のボーナス2016まとめ

・公務員のボーナス支給時期は6月30日
・一般企業のボーナス支給時期は7月10日前後が多い
・公務員は金額アップ、一般企業は産業によってアップ・ダウンがある

自分の会社の景況感はつかめていますか?
会社の景況感によってボーナスは全く違ってきます。
産業別の景気の動向などをつかんでおくと、金額を予想しやすくなります。

もらう前から使い道を考えるのは楽しいですが、赤字にならないように^^;
使い道もきちんと考えておきたいですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る